写真展「オードリー・ヘプバーン」ありのままを生きる 九州芸文館で開催【筑後市】

写真展「オードリー・ヘプバーン」ありのままを生きる 九州芸文館で開催【筑後市】

2022年9月10日(土)〜10月23日(日)、福岡県筑後市大字津島にある九州芸文館で写真展「オードリー・ヘプバーン」—ありのままを生きるが開催されます。

オードリー・ヘプバーン(1929-1993)はデビュー作「ローマの休日」(1953年)で、旅先で偶然出会った新聞記者と恋に落ち、大人の女性へと成長を遂げていく王女を演じ、アカデミー賞主演女優賞を受賞しました。その後も「麗しのサブリナ」(1954年)、「ティファニーで朝食を」(1961年)、「マイ・フェア・レディ」(1964年)など数々の名作映画で主演を飾りました。

スイスの自然豊かな家で家族と過ごす時間を何よりも大切にした彼女は、晩年ユニセフ特別親善大使として戦争の犠牲となった子どもたちを支援するために精力的に活動しました。

スクリーンの中でもプライベートにおいても一貫して自分らしさを大切にした彼女の姿は現在も多くの人々に影響を与え続けています。

本展はハリウッドで活躍したフォトグラファーたちの作品を中心に約150点で、彼女がありのままに生きた姿を紹介します。

観覧料は、一般800円(600円)、高大生500円(300円)、小中生300円(100円)。
※65歳以上の方は特別割引料金(600円) ※(  )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方およびその介助者は無料

クロストーク「ヘプバーンの『ありのまま』の魅力を探る」や、アクロス・ミュージアムコンサート、ギャラリートークと関連イベントも行われます。

写真展「オードリー・ヘプバーン」ありのままを生きる 九州芸文館で開催【筑後市】

写真展「オードリー・ヘプバーン」ありのままを生きる 九州芸文館で開催【筑後市】
概  要

  • 開催日時:2022年9月10日(土)〜10月23日(日)10:00 〜 17:00 (入場は16:30まで)
  • 休館日:月曜日[ただし9月19日、10月10日(月・祝)開館、翌9月20日、10月11日(火)休館]
  • 開催場所:九州芸文館
  • 所在地:〒833-0015 福岡県筑後市大字津島1131
  • 観覧料:一般800円(600円) 高大生500円(300円) 小中生300円(100円)
    ※65歳以上の方は特別割引料金(600円) ※(  )内は20名以上の団体料金
    ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方およびその介助者は無料
執筆時現在の情報です。主催元の都合や新型コロナウイルスの影響により内容変更または中止になる場合もあります。
写真展「オードリー・ヘプバーン」ありのままを生きる 九州芸文館で開催【筑後市】

九州芸文館 ホームページ

写真展「オードリー・ヘプバーン」—ありのままを生きるの詳細は、九州芸文館ホームページを御覧ください↓

アクセス

開催場所 九州芸文館
所在地 福岡県筑後市津島1131

わたしの一言

トモノリ

22022年9月10日(土)〜10月23日(日)、福岡県筑後市大字津島にある九州芸文館で写真展「オードリー・ヘプバーン」—ありのままを生きるが開催されます。

ハリウッドで活躍したフォトグラファーたちの作品を中心に約150点で、彼女がありのままに生きた姿を紹介する写真展です。

気になる方は訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事のURLをコピーする
新型コロナウイルス感染拡大状況によりイベントが中止・延期になる場合があります。また、お店や施設の営業時間等が変更・臨時休業されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
当サイト掲載について

月間220万アクセス!累計7,000万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

写真展「オードリー・ヘプバーン」ありのままを生きる 九州芸文館で開催【筑後市】

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間220万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」