樹齢約300年になる福岡県指定天然記念物「第14回中山大藤まつり」

樹齢約300年になる福岡県指定天然記念物「第14回中山大藤まつり」
↓【最新情報】2018年の第15回 中山大藤まつりは下記の記事をご覧下さい↓

柳川市「中山大藤まつり」樹齢約300年 藤の香りが辺りを包む

2018.03.27

平成29年4月17日(月)~4月28日(金)の期間中、福岡県柳川市三橋町にある中山熊野神社において「中山の大藤まつり」が開催されます。

「中山大藤」は、樹齢約300年になる福岡県指定天然記念物です。

地元保存会や関係者の皆様により大切に育てられ、満開の時期には会場中を藤の香りが包みます。

昨年に引き続き、隣接するみやま市の「清水山ぼたん園」との花観覧合同企画として、大藤とぼたん園を結ぶシャトルバス(無料)が運行されます。

【2017年4月26日追記】
中山大藤まつりの開催期間が延長となっています。延長期間は5月2日(火)までとなります。
まつりの延長に合わせ、
・物産販売
・ライトアップ(5月7日まで)
・俳句コンテスト
・西鉄柳川駅⇔まつり会場⇔JR筑後船小屋駅 臨時路線バス(5月7日まで)
・臨時駐車場⇔まつり会場 無料シャトルバス
も延長すると変更になっています。

中山大藤の由来

中山の大藤(昭和52年4月 福岡県の天然記念物に指定)の発祥は、江戸時代の享保年間(1716~1735)に遡ると伝えられています。

伝承によれば、当地で酒屋を営む通称「万」さんという人が、上方見物をし、河内野田の藤のあまりの見事さに心を奪われ、藤の実を持ち帰り、自宅に植えたと伝えられています。

数十年後、四尺程度(約120cm)の見事な花を咲かせられるようになり多くの見物客で賑わったと伝えられています。

その後、現在の熊野神社境内に移植され、地元保存会の方が念入りに手入れをされてあります。

第14回中山大藤まつり

  • 開催日:平成29年4月17日(月)~4月28日(金)※5月2日(火曜日)まで延長となっています。
  • 開催場所:福岡県柳川市三橋町中山583-1 中山熊野神社
  • 観覧:無料

柳川市公式ウェブサイト

アクセス

わたしの一言

トモノリ

中山大藤まつりには何度か訪れたことがありますが、沢山のきれいな藤の下にある橋を渡りながら見る景色はとても素晴らしくきれいですよ。まるで藤のトンネルを通っている感じになります。

藤を見上げながら、食事をするのは季節を感じながら食べることができるので、とても美味しく感じますよ。ぜひこの期間中に訪れて見て下さい。

久留米ファンで広告掲載できます!

月間45万アクセスの久留米ファンで広告掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告募集

一日、10,000回以上見られている久留米ファンへ広告を掲載できます。その効果は絶大!

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、多くの人へ届けることができます。

雑誌やフリーペーパーより格安でPRできます!Web集客効果を試してみませんか?

また、ホームページでうまく集客できないなどお困りの方にも対応しています。

▼まずは、お気軽にお問合せ下さい。▼

スポンサーリンク

関連記事

樹齢約300年になる福岡県指定天然記念物「第14回中山大藤まつり」

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー Web Look代表。
企業やお店のWeb集客・WordPress・ブログコンサルなどやってます。
当サイトでは、福岡県、久留米市、筑後地方に関するイベントや歴史・文化、グルメなど何でも情報発信中。毎日9時、12時、19時に情報を発信しています。
月間45万アクセス達成!
久留米ファンで記事にしたいという方は下記よりどうぞ!(↓)
「記事広告について」