「福岡恋愛白書 12 センセイとワタシ」3月24日放送!舞台は朝倉市!

「福岡恋愛白書 12 センセイとワタシ」3月24日放送!舞台は朝倉市!

「福岡恋愛白書 12 センセイとワタシ」の放送日が3月24日 23時15分放送と決定しました。これに伴い、ホームページも大幅にリニューアルしています。

福岡の視聴者が実際に体験した恋エピソードを基にした純愛ドラマ「福岡恋愛白書」。今作の「福岡恋愛白書 12」の舞台が福岡県朝倉市となっています。

九州朝日放送が2006年から毎年制作し、今回で12年目となります。

「福岡恋愛白書 12 センセイとワタシ」

  • 放送局:KBC九州朝日放送
  • 放送日時:2017年3月24日 23時15分放送
  • キャスト:桜庭 ななみ、桐山 漣、早瀬 英里奈、佐久間 悠、福山 翔大
  • ロケ地:朝倉市

ストーリー

福岡県朝倉市の地元出版社に勤める吉瀬瑞季(桜庭ななみ)は、仕事に合コンと、充実した毎日を送る、いわゆる“リア充”。
だが、それは彼女の本当の姿ではなかった……。

本当の吉瀬瑞季。それは、根暗で人付き合いが大の苦手。ひとり、家で漫画を描く事が趣味の“オタク女子”なのだ。
そんな彼女を唯一、理解してくれた人がいた。

高校時代、生徒指導の鬼として知られていた教師・井手健史(桐山漣)。
熱血で強引で、無愛想でぶっきらぼう。けれど、いつもひとりの瑞季に手を差し伸べ、彼女の世界を変えた。

年上の先生。それが恋なのか、当時は分かりもしなかった。
高校卒業から数年後、再会した瑞季と先生。

「先生の事が好き」という自分の気持ちに気づいた瑞季だったが、先生には恋人が……。
やっぱり、生徒は先生に恋しちゃダメなの?二人の恋の結末は……?

ストーリー|福岡恋愛白書12|KBC九州朝日放送

福岡恋愛白書12|KBC九州朝日放送 Webサイト

わたしの一言

トモノリ

ちなみに前作の「福岡恋愛白書 11」の舞台は福岡県久留米市田主丸町でした。

今作はその隣の市である朝倉市です。どのように放送されるか楽しみですね!お見逃しなく!

KBC「福岡恋愛白書11 キミと見る景色」メインロケ地が久留米市田主丸に!

2015.12.25

久留米ファンに掲載しませんか?

月間26万アクセスの久留米ファンで記事にしてみませんか?

『お店をPRしたい!イベントを告知したい!』など記事にします。

多くの人へ、記事を届けます!

【2周年記念】今だけ割安な新プラン(5,400円〜)

お気軽にこちらまでご連絡下さい。

スポンサーリンク

関連記事

「福岡恋愛白書 12 センセイとワタシ」3月24日放送!舞台は朝倉市!

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。 福岡県、久留米市、筑後地方に関するイベントや歴史・文化、グルメなど何でも情報発信中。毎日9時、12時、19時に情報を発信しています。 ついに月間26万アクセス達成! ぜひお店をPRしたい!という方は下記よりどうぞ!(↓)
久留米ファンで広告を掲載しませんか?