久留米市の小学校給食に金属の異物混入 けが人なし

久留米市の小学校給食に金属の異物混入 けが人なし

2022年6月20日(月)、福岡県久留米市は市内の小学校で提供された給食に金属片が混入していたと発表しています。

20日に、児童が給食を口したところ長さ8ミリほどの線状の金属片が混入していることに気づきました。

この児童にけがは無く、他の児童の健康被害も報告されていないそうです。

給食は小学校の調理室で作られていて、金属片が混入したのは「鶏肉のコーンフレーク焼き」とみられていて、久留米市は金属片が混入した原因を調べています。

※写真はイメージです。

この記事のURLをコピーする
新型コロナウイルス感染拡大状況によりイベントが中止・延期になる場合があります。また、お店や施設の営業時間等が変更・臨時休業されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
当サイト掲載について

月間220万アクセス!累計6,500万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

久留米市の小学校給食に金属の異物混入 けが人なし

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間220万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」