久留米市「花火動乱蜂」2022年も中止に 約360年前より伝わる神事

久留米市「花火動乱蜂」2022年も中止に 約360年前より伝わる神事

毎年9月15日に福岡県久留米市山川町本村区王子若宮八幡宮にある王子池周辺で行われている「花火動乱蜂(はなびどうらんばち)」が2022年も中止となっています。

一昨年、昨年も中止となっていて、3年連続の中止です。

花火動乱蜂は、約360年前より伝わる神事で、毎年9月15日に行われている福岡県の指定無形民俗文化財です。

通常、花火といえば海や川の側で行われますが、この「花火動乱蜂」は、山の中で行われている珍しい仕掛花火です。

巣をつつかれ騒ぐハチのような火花が激しく飛び散る迫力ある花火です。

花火動乱蜂(はなびどうらんばち)とは?

江戸時代から伝わる豪快な仕掛け花火で約360年前より伝わる神事で、毎年9月15日に行われています。

悪疫退散、五穀豊穣を祈願し、かつて、豊作と平穏を願った住民たちが花火を奉納したのが由来とされ、その後、久留米有馬藩の砲術をもって仕えた古川家が、この地区の人達に仕掛花火を伝授したものが「動乱蜂」として伝えられています。

ちなみにこの花火動乱蜂の読み方は、「はなびどうらんばち」と読みます。

通常の花火といえば、空高く打ち上げるイメージ花火を連想されますが、この花火全く違い、むしろ爆発といったほうが良いかもしれません。

ひと味もふた味も違う花火です。なかなかこういった花火を行っているところは全国でも少ないと思います。

導火の妙趣と、震天動地の雷鳴を伴って炸裂する瞬間花火となり、暗黒の空に千変万化飛び散る様は、蜂の巣をつついた時に,中の蜂がいっせいに飛び出し,怒り狂って飛び散るように上がる火炎の様子から「動乱蜂」とその名の由来がついたとされています。

久留米公式観光サイト ほとめきの街ホームページ

花火動乱蜂の詳細は、久留米公式観光サイト ほとめきの街ホームページをご覧下さい。

わたしの一言

トモノリ

残念ながら、今年(2022年)も中止が決定しています。

来年こそは開催されてほしいですね。

合わせてこちらの記事もどうぞ

甘木川花火大会 流灌頂法要会 2022年8月20日開催【朝倉市】

甘木川花火大会 流灌頂法要会 2022年8月20日開催【朝倉市】

2022年8月9日
ちっご恋のくに花火大会 2022年9月18日開催!3年ぶりに開催【筑後市】

【延期】ちっご恋のくに花火大会 2022年9月18日開催!3年ぶりに開催【筑後市】

2022年7月1日
2022年 筑後川花火大会 YouTubeでライブ配信!完全生中継【久留米市】

2022年 筑後川花火大会 YouTubeでライブ配信!完全生中継【久留米市】

2022年8月5日
この記事のURLをコピーする
新型コロナウイルス感染拡大状況によりイベントが中止・延期になる場合があります。また、お店や施設の営業時間等が変更・臨時休業されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
当サイト掲載について

月間220万アクセス!累計7,000万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

久留米市「花火動乱蜂」2022年も中止に 約360年前より伝わる神事

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間220万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」