医師 日野原重明さん死去 105歳 聖路加国際名誉院長

医師 日野原重明さん死去 105歳 聖路加国際名誉院長

現役の医師であり聖路加国際病院名誉院長の日野原重明さんが平成29年7月18日朝、東京都内の自宅で亡くなりました。105歳でした。

生活習慣病の予防や終末期医療の充実など100歳を超えても現役医師として活躍されていた日野原重明さんが呼吸不全のため亡くなりました。

延命措置は本人が望んでおらず、全く行わなかったとされています。

エッセー集「生きかた上手」がベストセラーになるなど、様々な本を出版されていました。

命は人のためにと生涯現役を貫らぬかれました。

私は、日野原重明さんの本を多く読んで感銘を受けていただけに、お亡くなりなったのはとても残念です。ご冥福をお祈りします。

新型コロナウイルスの影響によりお店の営業時間など変更や休業。イベントの中止または延期となる場合があり、記事内容と異なる場合があります。
この記事のURLをコピーする
当サイト掲載について

月間198万アクセス!累計4,300万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

医師 日野原重明さん死去 105歳 聖路加国際名誉院長

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間198万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」