筑後川カッパスロンin原鶴温泉 いつもの笑顔を原鶴に!

筑後川カッパスロンin原鶴温泉 いつもの笑顔を原鶴に!

2018年8月26日(日)、九州一の大河・筑後川の中流域、風光明媚な原鶴温泉一帯において「第12回 筑後川カッパスロンin原鶴温泉」が開催されます。

ホテル「泰泉閣」南側河川敷をメイン会場に、筑後川の流れに乗って泳ぎ下り、筑後川サイクリングロードを疾走します。

スイムは原鶴大橋上流からスタートし、九州一の大河・筑後川の流れに乗って、カッパのようにすいすい一直線に1000m泳ぎ下ります。

バイクは、事故防止のためレースには含まれないインターバル(バイク移動区間)(「大会会場&スイムコース図」参照)を通過したのち、対岸の風光明媚な筑後川サイクリングロードを大城橋(久留米市)で折返す往復40kmのフラットなコースを疾走します。

筑後川カッパスロンは、スイム&バイクのみの複合競技で、世界で唯一ランのないトライアスロンです。

申込受付は2018年5月1日〜7月31日、参加対象は15歳以上、定員150名、参加費7,000円となっています。

なおこの7,000円の中には、弁当・記念品・原鶴温泉入浴券等が含まれています。

筑後川カッパスロンin原鶴温泉 いつもの笑顔を原鶴に!

概  要

  • 開催日時:2018年8月26日(日)午前9時スタート
  • 開催場所:福岡県朝倉市杷木・原鶴温泉前筑後川(スイム)&筑後川サイクリングロード(バイク)
  • メイン会場:ホテル「秦泉閣」前河川敷
  • 競技内容:スイム&バイクのみの複合競技
  • 主  催:筑後川カッパスロン実行委員会
  • お問合せ:江藤 和夫(事務局長) TEL 080-5265-2461
雨天決行

大会プログラム

プログラム
  • 06:00 大会専用駐車場オープン(メイン会場東側筑後川河川敷)
  • 06:30 選手受付・メカサービス開始(大会本部)
  • 07:30 選手受付・メカサービス終了(時間厳守)
  • 07:50 開会式・競技説明会
  • 08:20 スイムスタート地点まで選手を屋形船で水上輸送開始
  • 09:00 カッパスロン大会スタート
  • 11:00 最終選手フィニッシュ予想時刻
  • 昼食・原鶴温泉入浴・アトラクション
  • 12:30 表彰式・お楽しみ抽選会・閉会式~13:30
  • ※選手受付は、スタート準備の都合上06:30~07:30の1時間

筑後川カッパスロン公式ウェブサイト

筑後川カッパスロンの詳細や参加申込などは、公式ウェブサイトをご覧下さい。

アクセス

ホテル「秦泉閣」前河川敷

住所:〒838-1521 福岡県朝倉市杷木志波20(ホテル「秦泉閣」)
電話番号:江藤 和夫(事務局長) TEL 080-5265-2461
駐車場:メイン会場東側筑後川河川敷
交通アクセス:▽大分自動車道・杷木ICより車で5分 朝倉ICより車で10分
▽福岡空港より高速バスで60分
▽JR博多駅バスセンターより高速バスで80分

久留米市から訪れる

久留米市から車で、約50分(一般道利用)で訪れることができます。

レンタカー使って訪れるならこちら
朝倉市のおすすめグルメ情報 [食ベログ]
周辺で遊び・体験スポットを探す
周辺宿泊先:原鶴温泉の宿・ホテル

わたしの一言

トモノリ

筑後川カッパスロンは、スイム&バイクのみの複合競技で、世界で唯一ランのないトライアスロンです。

原鶴温泉宿泊予約特典として、原鶴温泉の夏の風物詩「鵜飼」見物に無料で招待されます。詳しくはホームページの申込用紙下段を参照しましょう。

合わせてこちらの記事もどうぞ(↓)

「第4回 あさくら絆フェスティバル あさくら」ふなっしーが朝倉市を応援にくるなっしー!

2018.04.10

ホットライズ・リユニオン アメリカのモタリゼーションカルチャーイベント【朝倉市】

2018.03.30
当サイト掲載について

月間約94万アクセス!累計800万アクセスの久留米ファンに掲載できます。
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

筑後川カッパスロンin原鶴温泉 いつもの笑顔を原鶴に!

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
企業やお店のWeb集客・WordPress・ブログコンサルなどやってます。
当サイトでは、福岡県、久留米市、筑後地方に関するイベントや歴史・文化、グルメなど何でも情報発信中。毎日9時、12時、19時に情報を発信しています。
月間94万アクセス達成!
久留米ファンで記事にしたいという方は下記よりどうぞ!(↓)
「記事広告について」