高良大社川渡祭(へこかきまつり)厄払い・厄除けとして名高い祭り【久留米市】

高良大社川渡祭(へこかきまつり)厄払い・厄除けとして名高い祭り【久留米市】

2021年6月1日(火)、2日(水)の2日間、 福岡県久留米市御井町にある筑後国一の宮 国幣大社 高良大社において「高良大社川渡祭(へこかき祭り)」が開催されます。

この高良大社川渡祭(別名:へこかき祭り)は、高良大社を代表する祭りで厄払い・厄除けとして名高い祭りです。

高良大社社殿の前に設けられた大きな「茅の輪(ちのわ)」をくぐり、ご祈願(おはらい)を受けると、高良の神さまのお力によって災難をのがれ、大難を小難に、わざわいを福に転ずると昔から言い伝えられてきた厄祓祈願大祭です。

特に、男女児数え7歳、還暦や厄年の方が、厄除・長寿息災を願うお祭りですが厄年などではない人も輪をくぐることができ、毎年多くの人が訪れています。

今年は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、茅の輪くぐり神事・祭典は神職・代表者のみの奉仕とし、へこかき裸参りは中止となっています。

※福粥接待・へこかきシャトルバス運行・神賑行事はありません。

6月1日から一週間程度、大茅の輪が社殿前に設置され、自由に参拝することができます。

高良大社川渡祭(へこかきまつり)

概  要

  • 開催日:2021年6月1日(火)、2日(水)
  • 開催場所:高良大社
  • 所在地:福岡県久留米市御井町1番地
  • お問合せ:高良大社(電話0942-43-4893)

例年の高良大社川渡祭(へこかきまつり)の様子

高良大社川渡祭  茅の輪くぐり 開運厄除・無病息災

高良大社川渡祭(へこかき祭り)茅の輪くぐり 開運厄除・無病息災

川渡祭は、別名へこかきまつり。厄除けの赤い「へこ(褌)」を「かく(着ける)」からきています。

その昔、男性は赤いへこ、女性は赤いゆもじをつけてお参りをしたことからその名がついています。

例年、茅の輪くぐり神事や心身を清める禊神事を行い、高良大社まで威勢良くかけ登る、へこかき裸参りが行われています。

2021年は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、茅の輪くぐり神事・祭典は神職・代表者のみの奉仕とし、へこかき裸参りは中止となっています。※福粥接待・へこかきシャトルバス運行・神賑行事はありません。

筑後国一の宮 高良大社 公式サイト

高良大社川渡祭(へこかき祭り)の詳細は、筑後国一の宮 高良大社公式サイトを御覧ください。

アクセス

開催場所 筑後国一の宮 高良大社
所在地 福岡県久留米市御井町1番地
お問合せ 高良大社 Tel.0942-43-4893
駐車場 あり
グルメスポット 久留米市御井町のおすすめグルメ情報

わたしの一言

トモノリ

高良大社川渡祭(へこかき祭り)は、毎年6月1日・2日に行われている歴史あるお祭りです。

昨年と同じで新型コロナウイルスの影響により、へこかき裸参りが中止、福粥接待・へこかきシャトルバス運行・神賑行事は行われないので注意しましょう。

新型コロナウイルスの影響によりお店の営業時間など変更や休業。イベントの中止または延期となる場合があり、記事内容と異なる場合があります。
この記事のURLをコピーする
当サイト掲載について

月間198万アクセス!累計4,100万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

高良大社川渡祭(へこかきまつり)厄払い・厄除けとして名高い祭り【久留米市】

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間198万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」