久留米市 今日も新型コロナウイルス陽性患者はなし 3日連続ゼロ【10月9日】

久留米市 今日も新型コロナウイルス陽性患者はなし

今日 2020年10月9日(金)、久留米市は市内で、新型コロナウイルス感染確認がなかったこと(陽性患者なし)を公表しています。

久留米市保健所における検査の実施状況(10月9日時点)は、検査件数70件(PCR検査50件、抗原検査20件)で陽性患者はありません。

今日、福岡県内で新たに新型コロナウイルス感染が確認されたのは、福岡市3人、北九州市1人、福岡県発表(太宰府市2人・糟屋郡1人、遠賀郡1人・北九州市1人、朝倉市1人・大牟田市1人)の計11人です。

大牟田市で新たに40代男性1人が新型コロナウイルス感染確認【10月9日】

大牟田市で新たに40代男性1人が新型コロナウイルス感染確認【10月9日】

2020年10月9日

福岡市が発表した新規感染者の中に、久留米市の20代会社員女性が確認されています。コールセンターで起きたクラスターに含まれています。

最近、感染者数が減少傾向ですが、十分な感染防止対策を行いましょう。

久留米市 新型コロナウィルスに関する情報【10月9日】

久留米市 新型コロナウィルスに関する情報【10月9日】

「久留米市新型コロナウイルス感染者推移」と「久留米市新型コロナウイルス感染原因」

久留米市新型コロナウイルス感染者推移
久留米市新型コロナウイルス感染原因

久留米市保健所からメッセージ 新型コロナウイルス 自分は感染しないと思わないで

久留米市:新型コロナウイルス感染症に不安をかかえる妊婦の方の検査について

久留米市民向けコロナ支援策まとめ

福岡県庁ホームページ

筑後地方 新型コロナウイルス感染者数

【2020年10月9日時点、筑後地方の新型コロナウイルス感染者数】

  • 久留米市 140人(うち久留米市民の感染者数 126人)※4人死亡
  • うきは市 8人
  • 柳川市 26人
  • 大川市 18人
  • 筑後市 10人
  • 小郡市 44人
  • 八女市 5人
  • 八女郡広川町 6人
  • みやま市 7人
  • 三井郡大刀洗町 8人
  • 三潴郡大木町 4人
  • 大牟田市 87人+1人(2020年10月9日)

手洗いや咳エチケットの徹底、密閉、密集、密接の3密を避ける行動の徹底、ソーシャルディスタンスの確保(人と人との距離の確保)、感染が拡大している地域に出かけないなど、一人ひとりができる感染防止を心がけましょう。

マルヒロ 冷感マスクやフェイスシールド・体温計など新型コロナ感染予防グッズ販売

マルヒロ 冷感マスクやフェイスシールド・体温計など新型コロナ感染予防グッズ販売

2020年8月1日
久留米市で新たに20代女性1人が新型コロナウイルス感染確認【10月6日】

久留米市で新たに20代女性1人が新型コロナウイルス感染確認【10月6日】

2020年10月6日
大牟田市で新たに40代男性1人が新型コロナウイルス感染確認【9月29日】

大牟田市で新たに40代男性1人が新型コロナウイルス感染確認【9月29日】

2020年9月29日
大牟田市で新たに30代男性1人が新型コロナウイルス感染確認【9月27日】

大牟田市で新たに30代男性1人が新型コロナウイルス感染確認【9月27日】

2020年9月27日
久留米市で新たに50代女性1人が新型コロナウイルス感染確認【9月19日】

久留米市で新たに50代女性1人が新型コロナウイルス感染確認【9月19日】

2020年9月19日
久留米市で新たに30代女性1人が新型コロナウイルス感染確認【9月17日】

久留米市で新たに30代女性1人が新型コロナウイルス感染確認【9月17日】

2020年9月17日
大川市で新たに50代男性1人が新型コロナウイルス感染確認【9月11日】

大川市で新たに50代男性1人が新型コロナウイルス感染確認【9月11日】

2020年9月11日
この記事のURLをコピーする
当サイト掲載について

月間198万アクセス!累計3,000万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

久留米市 今日も新型コロナウイルス陽性患者はなし

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間198万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」