くるっぱや市ポスターなど手がけた久留米市のデザイナー納戸健次氏が死去

くるっぱや市ポスターなど手がけた久留米市のデザイナー納戸健次氏が死去

2018年10月16日、久留米市出身のグラフィックデザイナー納戸健次さん(72)が肝臓がんなどのため福岡県久留米市の病院で亡くなったことが報じられています。

納戸健次さんは、「くるっぱ」や「水の祭典久留米まつり」のポスターを手がけるなど地域密着の創作活動をされていたデザイナーです。

久留米市のイメージキャラクター「くるっぱ」は納戸健次さんと若手職員の議論を重ね誕生しました。

納戸健次さんが手がけた「くるっぱ」がずっと愛されるキャラクターになってほしいですね。

御冥福をお祈りいたします。

当サイト掲載について

月間約99万アクセス!累計1,300万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

くるっぱや市ポスターなど手がけた久留米市のデザイナー納戸健次氏が死去

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
企業やお店のWeb集客・Web制作などやってます。
当サイトでは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントや歴史・文化、グルメ、ニュース・出来事など何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間99万アクセス達成!
久留米ファンで記事にしたいという方は下記よりどうぞ!(↓)
「記事広告について」