久留米市の教師が速度違反 警察の呼び出しを10回無視 忙しかったと釈明

久留米市の教師が速度違反 警察の呼び出しを10回無視 忙しかったと釈明

久留米市教育委員会は、小学校の男性教師がスピード違反の呼び出しを10回無視したとして、この男性教師に口頭訓告の処分を出していたことを明らかにしました。

市内の小学校に勤務する男性教師は4年前、福岡県福津市の国道3号線で制限速度を40キロ近く上回るスピードで車を走行し、速度違反取り締まり装置(オービス)で検知されています。

県警から書面(呼び出し状)で2回、電話で8回にわたって出頭命令を受けたが、男性教師はいずれも応じませんでした。

翌年、勤務先に県警から学校に問い合わせがあったことで発覚し、久留米市教育委員会が事態を把握し、その後ようやく出頭しています。

男性教師は「仕事が忙しかった」と釈明したということです。

この記事のURLをコピーする
当サイト掲載について

月間198万アクセス!累計2,500万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

久留米市の教師が速度違反 警察の呼び出しを10回無視 忙しかったと釈明

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間198万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」