久留米 丸永製菓「おいももなか」8月23日 新発売!秋のほっこり味覚アイス

久留米 丸永製菓「おいももなか」8月23日 新発売!秋のほっこり味覚アイス

福岡県久留米市東櫛原町に本社を置く、丸永製菓株式会社が、新商品「おいももなか」を2021年8月23日(月)から全国で販売開始します。

季節感を味わえる秋のほっこり味覚アイス「おいももなか」を1個入と5個入(マルチパック)を同時発売。

アイスには鹿児島県産「紅はるか」を使用し、芳醇で豊かな焼きいもの風味が特長で、かじった際に、焼きいもの香ばしさが口いっぱいに広がるモナカアイスとなっています。

130mlの1個入が希望小売価格税込151円、68ml×5個入が税込486円。

丸永製菓 季節感を味わえる秋のほっこり味覚アイス「おいももなか」

丸永製菓 季節感を味わえる秋のほっこり味覚アイス「おいももなか」

  • 商品名:おいももなか
  • 種類別:アイスミルク
  • 希望小売価格:140円(税込151円)/130ml
    450円(税込486円)/68ml×5個
  • 発売日:2021年8月23日
    ※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合があります。
  • 販売エリア:全国
  • 特徴:・アイスには鹿児島県産「紅はるか」を使用し、芳醇で豊かな焼きいもの風味が特長です。
    ・すっきりとした口当たりで重くなりすぎず、「もう1個食べたい!」と思って頂けるように、くちどけ良く仕上げました。
    ・モナカ皮は軽い食感にし、アイスと一緒に食べた際の口残りを軽減するよう工夫しました。
    ・さつまいも餡のねっとりした食感と甘さが味のアクセントです。

What’s New | 丸永製菓

丸永製菓株式会社 ホームページ

新商品の詳細は丸永製菓株式会社ホームページを御覧ください。

わたしの一言

トモノリ

2021年8月23日(月)、「おいももなか」が全国で販売されます。

毎回、新商品が出る度に食べているので、今回も発売が楽しみです。

久留米 丸永製菓「さわやか白くま」「あいすまんじゅう ゆず」5月 新発売

久留米 丸永製菓「さわやか白くま」「あいすまんじゅう ゆず」5月 新発売

2021年4月22日
久留米 丸永製菓「白くまデザートカフェラテ」「おとぼけくん バナナ&チョコ」新発売

久留米 丸永製菓「白くまデザートカフェラテ」「おとぼけくん バナナ&チョコ」新発売

2021年2月18日
久留米 丸永製菓「あいすまんじゅう ずんだもち」11/10 コンビニで先行発売

久留米 丸永製菓「あいすまんじゅう ずんだもち」11/10 コンビニで先行発売

2020年10月24日
久留米 丸永製菓 あいすまんじゅう ロイヤルミルクティー 10/26より新発売

久留米 丸永製菓 あいすまんじゅう ロイヤルミルクティー 10/26より新発売

2020年10月9日
久留米 丸永製菓 あいすまんじゅう Dessert 10/5より新発売

久留米 丸永製菓 あいすまんじゅう Dessert 10/5より新発売

2020年9月9日
久留米 丸永製菓 新商品「おとぼけくんカップ」9月10日より発売!

久留米 丸永製菓 新商品「おとぼけくんカップ」9月10日より発売!

2018年8月15日
アイス総選挙2018 国民1万人が選ぶNo.1のアイスは!?久留米市 丸永製菓が参加!

アイス総選挙2018 国民1万人が選ぶNo.1のアイスは!?久留米市 丸永製菓が参加!

2018年6月28日
ランチパック あいすまんじゅう風味 久留米の丸永製菓と山崎ランチパックがコラボ!

ランチパック あいすまんじゅう風味 久留米の丸永製菓と山崎ランチパックがコラボ!

2019年3月11日
新型コロナウイルスの影響によりお店の営業時間など変更や休業。イベントの中止または延期となる場合があり、記事内容と異なる場合があります。
この記事のURLをコピーする
当サイト掲載について

月間220万アクセス!累計4,600万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

久留米 丸永製菓「おいももなか」8月23日 新発売!秋のほっこり味覚アイス

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間220万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」