大牟田市「光の航路」期間限定!世界遺産の三池港から見える絶景【1月】

大牟田市「光の航路」期間限定!世界遺産の三池港から見える絶景【1月】

福岡県大牟田市にある世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産である三池港では、毎年1月と11月の年2回、日没の方位が247度前後となる約10日間は、三池港の航路先端から閘門を抜け三池港展望所までほぼ一直線に夕日の道が現れる「光の航路」を見ることができます。

※「光の航路」を見ることができるのは、毎年1月と11月頃です。

2022年1月18日(火)~27日(木)16時45分~18時00分。三池港1番岸壁を内港からの撮影ができるポイントが期間中に特別開放されます。

また今年は、来場者からのご要望が多かった、コーヒー等あたたかいものの販売も行われます。

様々な気象条件が重なった時にだけ現れる奇跡的な光景です。

大牟田市「光の航路」期間限定!世界遺産の三池港から見える絶景【1月】

福岡県大牟田市「光の航路」世界遺産の三池港から見える絶景
概  要

  • 開催日時:2022年1月18日(火)~27日(木)16時45分~18時00分
  • 場所:三池港展望所(大牟田市新港町1)、三池港展望所
  • 見学場所:1番岸壁
    三池港展望所より徒歩5分(期間中特別に開放)。電線等の障害物がないため、写真撮影におすすめ。
  • 駐車場:三池港展望所(大牟田市新港町1)
  • お問合せ:大牟田市産業経済部観光おもてなし課 TEL.0944-41-2750
執筆時現在の情報です。内容が変更になる場合もあります。

注意事項

  • 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスク着用、手指消毒、ならびに他の見学者と一定の距離を保ち、見学、撮影をお願いします。マスクを着用されていない方は、入場をお断りします。
  • 入口にて検温を実施します。入場時の体温が37.5℃以上ある方は入場をお断りします。体調が優れない方は見学をご遠慮ください。
  • 会場内での大声での会話や歓声はお控えください。
  • スマートフォンをお持ちの方は、接触確認アプリ「COCOA」のインストールをお願いします。
  • 車両等は、必ず三池港展望所に駐車してください。なお、駐車台数に限りがございます。なるべく乗り合わせにてお越しいただくか、レンタサイクルやタクシー等をご利用ください。
  • 安全対策のため、一部入場制限をすることがあります。
  • ・期間中の日没時刻は11月が17時13分~17時17分頃 1月が17時36分~47分頃です。

大牟田市ホームページ

詳細は、大牟田市ホームページをご覧下さい。

アクセス

場所 三池港展望所(大牟田市新港町1)【駐車場】
所在地 〒836-0061 福岡県大牟田市新港町1
お問合せ 大牟田市産業経済部観光おもてなし課 TEL.0944-41-2750
駐車場 あり(三池港展望所)

わたしの一言

トモノリ

世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産である三池港では、毎年1月と11月の年2回、日没の方位が西南西となる約10日間、航路先端から閘門を抜けて一直線に夕日の道が現れる「光の航路」を見ることができます。

気になる方は「この時期だけ」の絶景を御覧になられてはいかがでしょうか。

合わせてこちらの記事もどうぞ

出川哲朗の充電させてもらえませんか?ケンコバと吉野ヶ里遺跡へ完結編【2/12放送】

出川哲朗の充電させてもらえませんか?大牟田市三池港 5/3放送

2020年5月2日
大牟田市ともだちや絵本美術館 日本初、動物園内に10月1日オープン!

大牟田市ともだちや絵本美術館 日本初、動物園内に10月1日オープン!

2021年9月30日
この記事のURLをコピーする
新型コロナウイルス感染拡大状況によりイベントが中止・延期になる場合があります。また、お店や施設の営業時間等が変更・臨時休業されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
当サイト掲載について

月間220万アクセス!累計6,100万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

大牟田市「光の航路」期間限定!世界遺産の三池港から見える絶景【1月】

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間220万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」