西鉄久留米駅東口の商業ビル「リベール」債権21億円回収困難と監査委員が報告

西鉄久留米駅東口の商業ビル「リベール」債権21億円回収困難と監査委員が報告

2019年3月28日(木)、久留米市監査委員は西鉄久留米駅東口の商業ビル「リベール」を運営する第三セクター「久留米都市開発ビル」の監査結果を発表し、久留米市が保有する約21億円の債権について回収が困難であることが報じられています。

西鉄久留米駅東口の商業ビル「リベール」債権21億回収困難と監査委員が報告

商業ビル「リベール」は、2002年にテナントが相次いで撤退したため、運営する第三セクターが経営破綻し民事再生法が適用され、筆頭株主である久留米市に債務約21億円が完済されていない状況です。

大久保市長は昨年、市議会で、地方自治法に基づき同社に対する特別監査を市監査委員に要求し、経営状況や同社の市への返済状況などを解明するとされていました。

市長による特別監査の要求は久留米市初といわれていましたが今回の監査結果、売上高は低迷、約21億円の完済見通しがたたないことが判明しています。

久留米都市開発ビル(株)の経過

当サイト掲載について

月間118万アクセス!累計1,600万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

西鉄久留米駅東口の商業ビル「リベール」債権21億円回収困難と監査委員が報告

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
企業やお店のWeb集客・Web制作などやってます。
当サイトでは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントや歴史・文化、グルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間118万アクセス達成!
久留米ファンで記事にしたいという方は下記よりどうぞ!(↓)
「記事広告について」