シーナ&ロケッツをNHK福岡がドラマ化 実在のロックバンドをテーマに描く

シーナ&ロケッツをNHK福岡がドラマ化 実在のロックバンドをテーマに描く

本日(2017年10月20日)、シーナ&ロケッツの半生をNHK福岡放送がドラマ化することが分かりました。

福岡のさまざまな地域や事象にスポットをあてた「地域ドラマ(福岡発地域ドラマ)」の15作目としてシーナ&ロケッツを題材としたドラマを制作すること発表しています。

シーナ&ロケッツは、福岡県久留米市出身の鮎川誠(69)と、2015年2月に亡くなった北九州市出身のシーナこと鮎川悦子さん(享年61)により1978年に結成されたロックバンドです。

実在のロックバンドをテーマに描くドラマは、NHK福岡でも初の試みとなります。

主な舞台は、70年代の福岡、北九州。シーナさんこと鮎川悦子さん、そして鮎川 誠さん。

のちに輝かしい成功をおさめたシーナ&ロケッツがどのように羽ばたいていったのか、なつかしさを感じさせる福岡や北九州の情景を舞台に、音楽でも人生でも最高のパートナーとして共に歩んだ2人の姿を、いきいきと描くとされています。

撮影は、12月に福岡市、北九州市を中心に行われ、気になる放送は、平成30年3月放送予定となっています。

具体的な内容、キャストなど詳細については追ってお知らせとなっている。

シーナ&ロケッツ(SHEENA & THE ROKKETS)

1978年、久留米市出身の鮎川 誠、北九州市出身のシーナを中心に結成されたロックバンド。福岡を代表するバンドとして、日本のロックシーンを牽引けんいんしてきた。

代表曲に「レモンティー」、「ユー・メイ・ドリーム」などがある。

2004年からはシーナの地元・若松で「高塔山」ジャムを開催。今も「高塔山ロックフェス」としてその魂は受け継がれている。2015年2月、シーナが子宮頸癌で死去。

しかし“シナロケ”はまもなく結成40周年を迎え、69(ロック)歳を迎えた鮎川 誠を中心に、精力的に活動されています。

NHKオンライン

これまでの福岡発地域ドラマ

わたしの一言

トモノリ

これまでの福岡発地域ドラマ舞台は、うきは、東峰村、星野村、黒木、大牟田、柳川、飯塚、博多、福岡、糸島、津屋崎、鐘崎、若松が舞台となっています。

今回の主な舞台は福岡・北九州となっています。

久留米市出身の鮎川 誠さん、北九州市出身のシーナさんのシーナ&ロケッツがドラマ化されるなんてすごい事ですよね。

鮎川 誠さんが久留米市出身なので、久留米市も撮影場所になってほしいですけどね。

キャストや具体的な内容はまたお知らせするとなっていますので、情報が分かり次第、また記事にしたいと思います。

まだまだ先のことですが、放送が楽しみですね!

久留米ファンに掲載しませんか?

月間26万アクセスの久留米ファンで記事にしてみませんか?

『お店をPRしたい!イベントを告知したい!』など記事にします。

多くの人へ、記事を届けます!

【2周年記念】今だけ割安な新プラン(5,400円〜)

お気軽にこちらまでご連絡下さい。

スポンサーリンク

関連記事

シーナ&ロケッツをNHK福岡がドラマ化 実在のロックバンドをテーマに描く

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。 福岡県、久留米市、筑後地方に関するイベントや歴史・文化、グルメなど何でも情報発信中。毎日9時、12時、19時に情報を発信しています。 ついに月間26万アクセス達成! ぜひお店をPRしたい!という方は下記よりどうぞ!(↓)
久留米ファンで広告を掲載しませんか?