久留米市 水天宮夏大祭 8月5日・6日・7日開催!

久留米市 水天宮夏大祭 8月5日・6日・7日開催!

毎年8月5日から7日の3日間、福岡県久留米市にある全国に鎮座する水天宮の総本宮で「水天宮夏大祭」開催されます。

水天宮は、水の神・川の神として、また安産の神、子どもの守護神として崇拝されています。

8月5日、8時から神事が行われ、安徳天皇入水の折、源平両軍の兵士たちが船べりをたたいて死を悲しんだという故事に由来する「水天宮船太鼓」 を、地域の子供達が奉奏した後、船太鼓山車を引いて3町内(大石町・瀬下町・京町)を練り歩きます。

17時からは大前にて神饌が供され、祝詞が奏上されます。

19時40分からは「第358回筑後川花火大会」が始まります。

「第358回 筑後川花火大会」夜空を彩る西日本最大級の花火大会 8月5日開催

久留米「第358回 筑後川花火大会」最寄り駅・駐車場・花火大会情報【8月5日開催】

2017年7月12日

8月6日は10時から「献茶祭」が、17時から「次日祭」が行われます。最終日の8月7日は17時に「納祭」が行われます。

久留米市 水天宮夏大祭

概  要

  • 開催日時:平成29年8月5日から7日の3日間
  • 開催場所:全国総本宮 水天宮
  • 開催住所:福岡県久留米市瀬下町265-1
  • 主  催:全国総本宮 水天宮

全国総本宮 水天宮 Webサイト

アクセス

開催場所 全国総本宮 水天宮
所在地 〒830-0025 久留米市瀬下町265-1
お問合せ 全国総本宮 水天宮 TEl.0942-32-3207
駐車場 あり
交通アクセス
  • JR久留米駅より徒歩10分
  • 九州自動車道久留米ICより車で約20分
レンタカーを探す 日本全国のレンタカープランを一括検索!予約も簡単♪【旅楽レンタカー予約】
グルメスポット 久留米市のおすすめグルメ情報
遊び・体験スポット
周辺宿泊先 久留米のホテル・宿泊施設
久留米市のオススメふるさと納税返礼品

先日、ごちそうマエストロで久留米市北野町のスイートコーンが番組で紹介されました。

その紹介された、スイートコーンが、道の駅くるめや、ふるさと納税返礼品でGetできます。

賢くふるさと納税を利用するとお得ですよ〜。

  1. 農園直送 朝採りとうもうろこし 4種類食べ比べセット ふるさと納税ランキング
  2. 九州産黒毛和牛 サーロインステーキ180g×5枚 ふるさと納税ランキング
  3. 久留米グルメ バラエティ焼きとりセット ふるさと納税ランキング

わたしの一言

トモノリ

筑後川花火大会は、水天宮夏大祭の奉献花火としてあげられるイベントです。

1650年(慶安3年)に久留米藩の藩主である有馬忠頼が水天宮社地に社殿を寄贈した際、その完成祝賀にあたって花火を奉納したことに起源とされています。

その頃は「水天宮奉納花火大会」と呼ばれていました。

その後、昭和40年に筑後川花火大会と名前をかえ現在に至っています。

水天宮夏大祭はとても歴史がある催事です。ぜひ水天宮に訪れてはいかがでしょうか。

合わせてこちらの記事もどうぞ!

久留米市「第46回 水の祭典 久留米まつり」一万人のそろばん総踊り!市民あげてのサマーフェスティバル

久留米市「第46回 水の祭典 久留米まつり」一万人のそろばん総踊り!市民あげてのサマーフェスティバル

2017年7月11日
「第358回 筑後川花火大会」夜空を彩る西日本最大級の花火大会 8月5日開催

久留米「第358回 筑後川花火大会」最寄り駅・駐車場・花火大会情報【8月5日開催】

2017年7月12日
この記事のURLをコピーする
注意

新型コロナウイルス感染拡大により、掲載しているイベントが、中止や延期になる可能性があります。主催元の最新情報を必ずご確認下さい。

掲載しているお店の営業時間など店舗情報が変更になる場合もあります。

当サイト掲載について

月間118万アクセス!累計2,300万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

久留米市 水天宮夏大祭 8月5日・6日・7日開催!

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
企業やお店のWeb集客・Web制作などやってます。
当サイトでは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントや歴史・文化、グルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間118万アクセス達成!
久留米ファンで記事にしたいという方は下記よりどうぞ!(↓)
「記事広告について」