筑後川カヌーフェスティバル2018 オリンピック種目のカヌーに挑戦しよう!【久留米市】

筑後川カヌーフェスティバル2018 オリンピック種目のカヌーに挑戦しよう!【久留米市】
台風12号接近に伴い中止が決定しています。

2018年7月29日(日)、久留米市瀬下町にある筑後川カヌー場において、久留米市カヌー協会主催の「筑後川カヌーフェスティバル2018」開催されます。

オリンピック種目であるカヌーを体験できるというイベントです。

場所は、筑後川カヌー場(久留米市瀬下町272-7)全国総本宮 水天宮 横筑後川付近で開催されます。

対象は、小学3年から高校生まで(小学1・2年生は参加不可)、定員は50名程度(先着順)で定員に達し次第終了となります。

参加料は1日傷害保険料として受付時に乗艇者1名500円となっています。

申込方法は、7月上旬に申込フォーム(インターネット申込)または電話(番号は後日発表)受付開始。

カヌーに乗ったこと無い方や、乗ってみたかったーと言う方にオススメです。

受付終了しました

筑後川カヌーフェスティバル2018 オリンピック種目のカヌーに挑戦しよう!【久留米市】

概  要

  • 開催日時:2018年7月29日(日)受付9時 開会9時30分 終了12時
  • 開催場所:筑後川カヌー場
  • 開催住所:福岡県久留米市瀬下町272-7(全国総本宮 水天宮 横筑後川)
  • 対象:小学3年から高校生まで(小学1・2年生は参加不可)
  • 定員:50名程度(先着順・定員に達し次第終了)
  • 参加料:乗艇者1名500円(1日傷害保険料として受付時に徴収)
  • 駐車場:カヌー場下河川敷広場(水天宮駐車場は利用できません)
  • 主催:久留米市カヌー協会、久留米市体育協会
服装は軽装で、水に濡れてもよいもの(水着など)、熱中症対策(飲み水、日焼け止め)は各自で準備しましょう。

雨天時は、小雨決行ですが、当日の午前8時までに実施の判断。

筑後川カヌーフェスティバル2018 Webサイト

申込方法は、下記の筑後川カヌーフェスティバル2018 Webサイト申込フォーム(インターネット申込)または電話にて申込となっています。

7月上旬受付開始となっています。

紫外線対策!日焼け止めは必須!

この時期の紫外線対策や日焼け止めしていますか?紫外線がもっとも強いこの時期に、しっかり対策するのは必須です。お出かけ前にどうぞ!

アクセス

筑後川カヌー場
住所:福岡県久留米市瀬下町272-7(全国総本宮 水天宮 横筑後川)
電話番号:2018カヌーフェスティバル
駐車場:カヌー場下河川敷広場(水天宮駐車場は利用できません)
交通アクセス:JR久留米駅より徒歩10分
九州自動車道久留米ICより車で約20分

レンタカー使って訪れるならこちら
久留米市のおすすめグルメ情報
久留米市周辺・遊び・体験スポット
周辺宿泊先:【格安】久留米市周辺ホテル・宿泊施設

わたしの一言

トモノリ

毎年開催されている筑後川カヌーフェステバルですが、今年も開催決定しました。

カヌーに乗ったことない方や、一回乗ってみたかった〜と言う方は、ぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

お子さんにとっては夏の思い出になると思いますよ。

こちらの記事も合わせてどうぞ(↓)

久留米市「三瀦B&Gプール」6月1日〜9月30日 オープン!大人100円で楽しめる!

2018.05.30

くるめ市民流水プール 2018年7月14日オープン!プールで夏を楽しもう!

2018.05.22

久留米でウェイクボード体験やボルダリングが楽しめる!

久留米ファンで掲載しませんか?

月間94万アクセスを誇る久留米ファンで記事にします。
久留米ファンに記事広告募集

一日平均30,000回見られている久留米ファンに記事を掲載できます。

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、多くの人へ届けることができます。

雑誌やフリーペーパーより格安でPRできます!Web集客効果を試してみませんか?

また、ホームページでうまく集客できないなどお困りの方にも対応しています。

▼まずは、お気軽にお問合せ下さい。▼

スポンサーリンク

関連記事

筑後川カヌーフェスティバル2018 オリンピック種目のカヌーに挑戦しよう!【久留米市】

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー Web Look代表。
企業やお店のWeb集客・WordPress・ブログコンサルなどやってます。
当サイトでは、福岡県、久留米市、筑後地方に関するイベントや歴史・文化、グルメなど何でも情報発信中。毎日9時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間94万アクセス達成!
久留米ファンで記事にしたいという方は下記よりどうぞ!(↓)
「記事広告について」