久留米市出身 豊福知徳さんが死去 中央公園 愛の泉など手がけた世界的彫刻家

久留米市出身 豊福知徳さんが死去 中央公園 愛の泉など手がけた世界的彫刻家

2019年5月18日、福岡県久留米市出身の世界的彫刻家、豊福知徳さんが福岡市の病院で死去しました。94歳でした。

豊福知徳さんは久留米市生まれ(1925年)、59年に高村光太郎賞を受賞し、60年のベネチア・ビエンナーレ出品を機にイタリアへ移住し、ミラノにアトリエを構え、40年以上にわたり現地で制作を続けられました。

93年に紫綬褒章、2001年に勲四等旭日小綬章されました。

楕円形の穴をいくつも開けた独特な造形作品で知られ、ローマ国立近代美術館や東京国立近代美術館など、国内外の美術館に作品が所蔵されています。

久留米市中央公園の大きなモニュメント大噴水「愛の泉(石声庭)」も豊福知徳さんが手がけられました。

Toyofuku Tomonori Gallery Webサイト

この記事のURLをコピーする
当サイト掲載について

月間198万アクセス!累計2,700万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

久留米市出身 豊福知徳さんが死去 中央公園 愛の泉など手がけた世界的彫刻家

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間198万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」