エツ漁解禁「エツ感謝祭」国内では有明海にのみ生息する希少な魚

エツ漁解禁「エツ感謝祭」国内では有明海にのみ生息する希少な魚

2018年5月1日(火)、久留米市城島町にあるエツ大師堂において「エツ感謝祭」が開催されます。

エツは日本で唯一有明海にしか生息しない貴重な魚でエツ漁は筑後川の初夏の風物詩です。

城島町の物産館「よらん館」の駐車場の端にある「エツ大師堂」なるお社があります。

その社にて漁の安全とエツの生息できる環境を守り続け豊漁を祈願し、幻の魚としないようエツ解禁に伴う感謝祭が毎年5月1日に行われています。

解禁に伴い獲れたての城島のエツ料理を料亭・旅館などで味わうことができます。絶品ですよ。

エツ漁解禁「エツ感謝祭」

概  要

  • 開催日時:「エツ感謝祭」は2018年5月1日(火)。エツ漁解禁は2018年5月1日から7月20日まで
  • 開催場所:エツ感謝祭会場 エツ大師堂前
  • 開催住所:〒830-0224 久留米市城島町上青木313-1
  • お問合せ:久留米南部商工会 Tel.0942-64-3649

エツ伝説

去年、TNCテレビ西日本「ももち浜ストア」にて珍魚「エツ」を求めて久留米市が中継されました。

その時放送されたエツ伝説をわかりやすくしたのが下記の通りです。

170623 2400001

そのむかし、一人の僧侶が筑後川を渡りたいと困っていました。

170623 2400002

そこを通りかかった渡し舟の船頭は僧侶をのせてあげました。

170623 2400003

払うお金がなかった僧侶は、近くに生えていたヨシの葉を取り、それを川に浮かべたところ・・・

170623 2400004
170623 2400005

ヨシの葉がたちまち魚(エツ)に変わりました。その後、この地域はエツのおかげでこの地域は繁栄することができたとされています。この僧侶はのちの弘法大師(空海)であった。という伝承が、福岡県、佐賀県の筑後川下流域に伝わっています。

久留米校区まちづくり連絡協議会 Webサイト

久留米・筑後でエツが食べれるお店

久留米市・筑後地方でエツが食べれるお店「食べログ」をご覧下さい。

アクセス

エツ大師堂前
住所:〒830-0224 久留米市城島町上青木313-1
電話番号:久留米南部商工会 Tel.0942-64-3649
駐車場:あり
交通アクセス:国道385号線より筑後川の青木中津大橋より南へ1km

レンタカー使って訪れるならこちら
久留米・筑後のおすすめグルメ情報 (エツ) [食ベログ]
周辺で遊び・体験スポットを探す
周辺宿泊先:宿泊先を探す

わたしの一言

トモノリ

筑後川の夏の風物詩エツが解禁されます。

毎年6月に、久留米市城島町にある六五郎橋下(六五郎橋河川敷公園)にて城島エツ祭(エツッサイ)が開催されています。

解禁後、ぜひエツ料理を食べに久留米市城島町へ訪れてみてはいかがでしょうか。

当サイト掲載について

月間約94万アクセス!累計800万アクセスの久留米ファンに掲載できます。
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

エツ漁解禁「エツ感謝祭」国内では有明海にのみ生息する希少な魚

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
企業やお店のWeb集客・WordPress・ブログコンサルなどやってます。
当サイトでは、福岡県、久留米市、筑後地方に関するイベントや歴史・文化、グルメなど何でも情報発信中。毎日9時、12時、19時に情報を発信しています。
月間94万アクセス達成!
久留米ファンで記事にしたいという方は下記よりどうぞ!(↓)
「記事広告について」