高良大社川渡祭(へこかき祭り)厄除・長寿息災を願うお祭り 裸参り!

高良大社川渡祭(へこかき祭り)厄除・長寿息災を願うお祭り 裸参り!

2018年6月1日(金)、2日(土)の2日間、 福岡県久留米市御井町にある筑後国一の宮 国幣大社 高良大社において「高良大社川渡祭(別名:へこかき祭り)
」が開催されます。

この高良大社川渡祭(別名:へこかき祭り)は、高良大社を代表する祭りです。

高良大社社殿の前に設けられた大きな「茅の輪(ちのわ)」をくぐり、ご祈願(おはらい)を受けると、高良の神さまのお力によって災難をのがれ、大難を小難に、わざわいを福に転ずると昔から言い伝えられてきた厄祓祈願大祭です。

川渡祭(かわたりさい・別名へこかきまつり)は、特に、男女児数え7歳、還暦や厄年の方が、厄除・長寿息災を願うお祭りです。

厄年などではない人も輪をくぐることができ、毎年多くの人が訪れます。毎年6月1日、2日両日で茅の輪くぐり神事、1日早朝は「へこかき裸参り」が山麓の味水御井神社で行われます。

この「へこ」とはふんどしのことで、赤いふんどし姿の男衆や子どもたちが、お清めの後、高良山を駆け上ります。

厄除けの赤い「へこ(褌)」を「かく(着ける)」からきています。その昔、男性は赤いへこ、女性は赤いゆもじをつけてお参りをしたことからその名がついています。

6月限定の「茅の輪お守り」が6月中授与されます。

高良大社川渡祭(へこかき祭り)厄除・長寿息災を願うお祭り 裸参り!

概  要

  • 開催日:2018年6月1日(金)、2日(土)
  • 開催場所:高良大社
  • 開催住所:福岡県久留米市御井町1番地
  • お問合せ:高良大社(電話0942-43-4883)

スケジュール


  • 6月1日:茅の輪くぐり初め 午前7時斎行
  • 6月1日・2日:茅の輪くぐり神事
    午前7時・午前11時・午後2時 斎行
    お祓いを受け、神職とともに茅の輪をくぐり、心身を祓い清めて無病息災を祈ります。
    どなたでも自由にご参列できます。無料です。
  • 6月1日:へこかき裸参り
    心身を清める禊神事を行い、高良大社まで威勢良くかけ登ります。
    午前5時 味水御井神社(JR久留米大学前駅北側)集合
    午前5時半 味水御井神社にて禊(みそぎ)の後、高良大社へ。
    午前7時  高良大社社殿前茅の輪くぐり神事

へこかき裸参りに参加をご希望の方

このへこかき裸参りにぜひ参加したい!という方は、高良大社奉賛青壮年会事務局 0942-43-4893へお問い合わせください。事前申込が必要です。

筑後国一の宮 高良大社 Webサイト

高良大社川渡祭(へこかき祭り)の詳細は、筑後国一の宮 高良大社公式サイトを御覧ください。

アクセス

高良大社
住所:福岡県久留米市御井町1番地
電話番号:高良大社(電話0942-43-4883)
駐車場:有(第1から第6駐車場)
交通アクセス:「JR久留米駅」または西鉄天神大牟田線「西鉄久留米駅」下車、西鉄バス(1番・8番)利用。
「御井町バス停」下車、徒歩30分。

レンタカー使って訪れるならこちら
久留米市御井町周辺グルメスポット
周辺で遊び・体験スポットを探す
周辺宿泊先:宿泊先を探す

わたしの一言

トモノリ

高良大社川渡祭(へこかき祭り)は、毎年6月1日・2日に行われ、歴史あるお祭りです。

当日、西鉄久留米駅から高良大社まで臨時バスがあります。

ぜひ期間中、高良大社へ訪れてみてはいかがでしょうか。

当サイト掲載について

月間約94万アクセスの久留米ファンに掲載できます。
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

高良大社川渡祭(へこかき祭り)厄除・長寿息災を願うお祭り 裸参り!

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
企業やお店のWeb集客・WordPress・ブログコンサルなどやってます。
当サイトでは、福岡県、久留米市、筑後地方に関するイベントや歴史・文化、グルメなど何でも情報発信中。毎日9時、12時、19時に情報を発信しています。
月間94万アクセス達成!
久留米ファンで記事にしたいという方は下記よりどうぞ!(↓)
「記事広告について」