福岡教育大学附属久留米中学校でインフルエンザによる学級閉鎖

福岡教育大学附属久留米中学校でインフルエンザによる学級閉鎖

2019年12月23日(月)、久留米市保健所はインフルエンザとみられる集団感染で、福岡教育大学附属久留米中学校の学級閉鎖を公表しています。

福岡教育大学附属久留米中学校の3年生、2クラスが学級閉鎖となっています。

在籍者数 計80人中、20人が発熱、咳、咽頭痛、鼻汁、頭痛などの症状を訴えたといいます。

臨時休業期間は、12月23日~12月24日。

久留米市内では今シーズン9回目の臨時休業措置となります。

市内で12月に入って、インフルエンザによる学年・学級閉鎖が増えてきています。

インフルエンザを広げないためにマスク着用、手洗い・うがいなど予防しましょう。

久留米市ホームページ

市内の幼稚園や学校等から、インフルエンザ疾患による臨時休業等の報告については、下記の久留米市ホームページを御覧ください。

インフルエンザをひろげないために

  1. 日頃から手洗いの励行に努めましょう。
  2. 定期的に部屋の換気を行いましょう。
  3. 十分に栄養や睡眠をとるなど体調管理をしっかり行い、体力や抵抗力を高めましょう。
  4. インフルエンザワクチンによる予防接種は、感染後に発病する可能性を減らし、重症化を予防する効果が期待できます(ワクチンの効果が現れるまでに2週間程度の期間を要します)。
  5. インフルエンザにかかってしまった場合には、無理をして学校などに行かないようにしましょう。
  6. 咳、くしゃみの際にはティッシュなどで口と鼻を押さえ、周りの人から顔をそむけるなどの「咳エチケット」に努めましょう。

久留米市のインフルエンザワクチンを接種可能な病院

※お問合せの上、病院へ訪れましょう。

手洗いうがいを定期的に行ない、十分に栄養や睡眠をとるなど体調管理をしっかり行い、体力や抵抗力を高めましょう。

この記事のURLをコピーする
当サイト掲載について

月間198万アクセス!累計3,000万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

福岡教育大学附属久留米中学校でインフルエンザによる学級閉鎖

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間198万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」