久留米まちあそび人生ゲーム 西鉄久留米駅周辺が人生ゲームの舞台に!

久留米まちあそび人生ゲーム 西鉄久留米駅周辺が人生ゲームの舞台に!

2019年11月30日(土)、西鉄久留米駅及びその周辺においてエマックス・クルメ50周年記念「久留米まちあそび人生ゲーム」が開催されます。

西鉄久留米駅周辺が「人生ゲーム」の舞台に!

ルーレットの出た目にそって、西鉄久留米駅とその周辺のお店や施設をめぐり、所持金やお題をクリアしていく街歩きイベントです。

参加無料で上位チームには豪華景品があります。

参加資格は、家族または中学生以上のチーム(1チーム2人以上、小学生以下保護者同伴)、開催時間は①11時~、②12時~、③13時~、④14時~、⑤15時~、⑥16時~の全6回、行われます。

各回先着120チーム、事前申込制で、定員になり次第受付終了となっています。

エマックス・クルメ50周年記念 久留米まちあそび人生ゲーム

エマックス・クルメ50周年記念 久留米まちあそび人生ゲーム

エマックス・クルメ50周年記念 久留米まちあそび人生ゲーム

概  要

  • 開催日時:2019年11月30日(土)11時〜17時
    時間:①11時~、②12時~、③13時~、④14時~、⑤15時~、⑥16時~の全6回
  • 開催場所:西鉄久留米駅及びその周辺
  • 受付場所:西鉄久留米駅東口広場
  • 所在地:〒830-0032 福岡県久留米市東町316-2
  • 参加費:無料
  • 参加資格:1チーム2名以上、5名以下 / 家族または中学生以上のチーム / 小学生以下保護者同伴
  • 参加人数:各回 先着120チーム
    ※事前申込制、定員になり次第受付終了。当日受付もあり
  • 主催:エマックス・クルメ会
  • お問合せ:久留米まちあそび人生ゲーム実行事務局 TEL.080-1534-4658 (対応時間:平日10:00~17:00)
雨天決行

ルール説明

商店街を舞台とした体験型リアル「人生ゲーム」です。ゴールした時点での所持金の多いチームが勝ちとなります。上位チームには豪華商品をあり。

注意事項

注意事項

  • 1チーム(2~5名)の参加が可能です
  • 小学生以下のみのご参加はできません
  • ゴミは各自でお持ち帰り下さい
  • 各店舗・施設に迷惑となる行為は禁止いたします
  • 駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用ください

参加申込 WEBサイト

参加申込は下記Webサイトより受付されています。

エマックス・クルメ Webサイト

久留米まちあそび人生ゲームの詳細は、エマックス・クルメホームページをご覧下さい。

久留米まちあそび人生ゲーム 結果

上位入賞者が発表されています。

アクセス

開催場所 西鉄久留米駅及びその周辺
所在地 〒830-0032 久留米市東町上天神田316-2(受付場所:西鉄久留米駅東口広場)
駐車場 施設には駐車場がありませんので、近隣の駐車場を利用しましょう。
交通アクセス 西鉄久留米駅下車、徒歩すぐ。
バス停「西鉄久留米」下車、徒歩1分
バス停「西鉄久留米・東口」下車、徒歩1分
グルメスポット 光華楼 エマックス店 (コウカロウ)
甘太郎
遊び・体験スポット 久留米市の遊び・体験スポット
周辺宿泊先 久留米のホテル・旅館 宿泊予約

わたしの一言

トモノリ

エマックス・クルメ50周年記念「久留米まちあそび人生ゲーム」が開催されます。

面白そうなイベントですね〜。

気になる方は参加申込されてみてはいかがでしょうか。

生食パン専門店LA・PAN(ラ・パン)エマックス久留米に期間限定オープン

クリーミー生食パン店 ラ・パンがエマックス久留米に11月期間限定オープン!

2019年10月30日
新型コロナウイルスの影響によりお店の営業時間など変更や休業。イベントの中止または延期となる場合があり、記事内容と異なる場合があります。
この記事のURLをコピーする
当サイト掲載について

月間220万アクセス!累計4,600万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

久留米まちあそび人生ゲーム 西鉄久留米駅周辺が人生ゲームの舞台に!

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間220万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」