くるめライブチャレンジ2018 ベストパフォーマー大会 栄冠は誰に!

くるめライブチャレンジ2018 ベストパフォーマー大会 栄冠は誰に!

2019年2月24日(日)、福岡県久留米市六ツ門町にある久留米シティプラザCボックスにおいて「くるめライブチャレンジ2018 ベストパフォーマー大会」が開催されます。

久留米では、音楽分野における人材発掘、育成支援をするために、夢を抱くアマチュアミュージシャンに演奏の舞台を定期的に用意し、観覧無料ライブ「くるめライブチャレンジ」を平成26年度から実施されています。

昨年(2018年)に5回、くるめライブチャレンジ2018が開催され、ベストパフォーマー8組選ばれました。

「ベストパフォーマー大会」は、「くるめライブチャレンジ2018」(全4回※1回中止)で人気と実力の高かったベストパフォー マー8組が、年間チャンピオンを目指して競い合うコンテストで、大手レコード会社やラジオ局、メジャーミュージシャンのディレクターなどが、厳正な審査を行います。

大会No.1の「ベスト・オブ・ベストパフォーマー賞」に輝いたミュージシャンは副賞として、久留米シティプラザCボックスでのワンマンライブ権」と「CROSS FMの番組出演権」が授与されます。

平成最後の栄冠に輝くのは誰に!?

MCにCROSS FMナビゲーター honeyさんが、スペシャルゲストにくるめライブチャレンジ2017ベスト・オブ・ベストパフォーマー土谷 真生さんとなっています。

「ベストパフォーマー大会」は観覧無料です。

出演者は下記の通りです。

くるめライブチャレンジ2018 ベストパフォーマー大会 栄冠は誰に!

概  要

  • 開催日時:2019年2月24日(日)14時30分開場、15時開演(予定)
  • 開催場所:久留米シティプラザCボックス
  • 所在地:〒830-0031 福岡県久留米市六ツ門町8-1
  • 観覧:無料
  • 出演:くるめライブチャレンジ2018 ベストパフォーマー8組
  • 主催:久留米市
  • お問合せ:「くるめライブチャレンジ」係 TEL.0942-33-2271

出場ベストパフォーマー ミュージシャン8組

出演者 ベストパフォーマー8組
出場者
  • Ta:KaZIVA
  • そーはく
  • MOJIBAKE
  • りんぺい
  • サンゲンショク
  • leinayuaれいなゆあ&Y.H.M
  • RIO brothers
  • CraZy MaFF

– くるおん – 音楽のまち久留米のポータルサイト

くるめライブチャレンジの詳細は、- くるおん – 音楽のまち久留米のポータルサイトをご覧ください。

アクセス

開催場所 久留米シティプラザCボックス
所在地 福岡県久留米市六ツ門町8-1
駐車場 久留米シティプラザ地下駐車場 114台 最初の1時間は200円 以後30分ごとに100円(4時間以上12時間以内800円。12時間以降は1時間ごとに100円)
周辺駐車場をお探しなら久留米市中心市街地駐車場案内 くるっぱPナビをご利用下さい。
交通アクセス JR鹿児島本線「JR久留米駅」から西鉄バスで約15分「六ツ門 シティプラザ前」バス停下車
西鉄大牟田線「西鉄久留米駅」から徒歩約10分
レンタカーを探す レンタカーはこちら
グルメスポット 久留米市六ツ門町のおすすめグルメを探す
遊び・体験スポット 周辺で遊び・体験スポットを探す
周辺宿泊先 久留米市のホテル・宿泊施設

わたしの一言

トモノリ

毎年、10組の中から選ばれていますが昨年、第3回のくるめライブチャレンジが台風24号の影響により中止となったため8組となっています。

くるめライブチャレンジ2016は百音さんが、2017は土谷 真生さんが「ベスト・オブ・ベストパフォーマー賞」に輝きました。

くるめライブチャレンジ2018 平成最後の栄冠は誰になるでしょうね〜。

観覧無料ですので、気になる方は訪れてみてはいかがでしょうか。

当サイト掲載について

月間約94万アクセス!累計1,000万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

くるめライブチャレンジ2018 ベストパフォーマー大会 栄冠は誰に!

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
企業やお店のWeb集客・Web制作などやってます。
当サイトでは、福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントや歴史・文化、グルメなど何でも情報発信中。毎日9時、12時、19時に情報を発信しています。
月間94万アクセス達成!
久留米ファンで記事にしたいという方は下記よりどうぞ!(↓)
「記事広告について」