久留米市の山中で大麻草栽培した疑いで男を逮捕 過去最多 大麻草568株

久留米市の山中で大麻草栽培した疑いで男を逮捕 過去最多 大麻草568株

福岡県久留米市田主丸町の山中で営利目的で大麻草を栽培したとして、28歳の会社役員の男が逮捕されました。

「山中に大麻草のようなものが生えている」との通報があり、捜査員が現地を確認しに行ったところ、男が大麻草を摘み取っていたためその場で現行犯逮捕したということです。

久留米市田主丸町の山中で、大麻草を営利目的で栽培したほか、倉庫の中に乾燥大麻 約1.3キロを営利目的で所持していたなどとして、大麻取締法違反の疑いが持たれています。

男は栽培したのは自分ではないと容疑を否認しているということです。

現場で確認された大麻草は568株にのぼり、福岡県警が摘発した事件ではこれまでで最も多い(福岡県警で記録が残る2004年以降、最多の押収量)ということです。

警察は組織的関与や販売ルートについて捜査を進めています。

福岡県警察 ホームページ

この記事のURLをコピーする
新型コロナウイルス感染拡大状況によりイベントが中止・延期になる場合があります。また、お店や施設の営業時間等が変更・臨時休業されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
当サイト掲載について

月間220万アクセス!累計7,300万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

久留米市の山中で大麻草栽培した疑いで男を逮捕 過去最多 大麻草568株

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間220万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」