久留米広域連携中枢都市圏のオープンデータポータルサイトがオープン!

久留米広域連携中枢都市圏のオープンデータポータルサイトがオープン!

2017年8月23日、久留米広域連携中枢都市圏のオープンデータポータルサイトがオープンしています。

近年、複数の地方自治体が連携してオープンデータに取り組むことで、地域を横断してオープンデータ利活用が推進されることや、行政サービスの向上に資することが期待されるということから、久留米広域連携中枢都市圏構成市町(久留米市・大川市・小郡市・うきは市・大刀洗町・大木町)のデータを横断的に検索できる「久留米広域連携中枢都市圏オープンデータポータルサイト」が公開されています。

第1弾として、「市施設情報(庁舎等)」・「避難所情報」を共通フォーマットで公開されています。共通フォーマットは順次追加するとされています。

久留米市・大川市・小郡市・うきは市・大刀洗町・大木町の各自治体のオープンデータカタログサイトが分かりやすくリンクされています。

久留米広域連携中枢都市圏のオープンデータポータルサイト

現在、福岡県内で新型コロナウイルス感染者が増加しています。時短要請によりお店の営業時間など変更や休業、イベントが中止または延期となる場合があり、記事内容と異なる場合があります。
この記事のURLをコピーする
当サイト掲載について

月間198万アクセス!累計4,000万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

久留米広域連携中枢都市圏のオープンデータポータルサイトがオープン!

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間198万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」