久留米ラーメン 和ノ吉オープン!焼鳥のお持ち帰りも!丸星ラーメン近く

久留米ラーメン 和ノ吉オープン!焼鳥のお持ち帰りも!丸星ラーメン近く

福岡県久留米市高野2丁目、3号線沿いに「久留米ラーメン 和ノ吉」というお店がオープンするようです。

国道3号線沿いを走っていたところ、丸星ラーメンとなりの松ちゃんラーメンの斜め前に見慣れぬお店ができていました。

以前、ローソン久留米高野二丁目店があった跡地となります。

まだ空いていない時間だったので、この日は仕事があり、その場をさったのですが、調べてみたところ、情報がなくツイッターやインスタグラムで2018年10月23日(火)オープンと記載されている方がいました。

豚骨ラーメンの他にも「やきとり和ノ吉」と記載があり焼鳥のお持ち帰りができるようです。

【情報追記】

10月17日夜からラーメンと焼鳥のお店として営業開始しています。

23日からお昼営業開始の予定でしたが、夜が落ち着くまでしばらく夜営業のみにして、昼営業は延期にするとなっています。営業時間は18時〜23時となっています。

焼きとりメニューなど情報を追加しています。

久留米ラーメン 和ノ吉オープン!焼鳥のお持ち帰りも!丸星ラーメン側

概  要

  • 店舗名:久留米ラーメン 和ノ吉
  • オープン日:2018年10月17日夜からラーメンと焼鳥のお店として営業開始。10月23日(火)からお昼営業開始予定となっていましたが、しばらくの間、営業時間は18時〜23時となっています。
  • 所在地:〒830-0002 福岡県久留米市高野2丁目10-5
  • 事業内容:ラーメン店&焼鳥テイクアウト
  • 電話番号:0942-65-7810

店舗場所

久留米ラーメン 和ノ吉 店舗場所

久留米の街中からだと、久留米大橋を渡って宮ノ陣団地入口交差点すぐ側にお店があります。

国道3号線沿いです。

すぐ近くにラーメンで有名な丸星ラーメン(丸星中華そばセンター)松ちゃんラーメンがあります。

松ちゃんラーメンの斜め前に「久留米ラーメン 和ノ吉」がオープンされます。

Kurumeramen wanokichi 0007

豚骨ラーメンだけでなく、焼鳥のテイクアウトもできると記載されていました。

オープン後の様子

久留米 和ノ吉 ラーメン やきとり 久留米 和ノ吉 ラーメン やきとり

2018年10月17日夜からラーメンと焼鳥のお店として営業開始。10月23日(火)からお昼営業開始予定となっていましたが、しばらくの間、営業時間は18時〜23時となっています。

久留米 和ノ吉 ラーメン やきとり

やきとりメニュー表

久留米 和ノ吉 ラーメン やきとり

執筆時現在のメニュー表・料金のためお店の都合により変更になる場合があります。
炭火焼やきとり
  • 豚バラ(1本)120円
  • とりもも身(1本)100円
  • 砂ずり(1本)90円
  • レバー(1本)90円
  • ハツ(1本)100円
  • ウインナー(1本)120円
  • つくね(1本)100円
  • ナンコツ(1本)150円
  • つなぎ(1本)80円
  • 豚ハラミ(1本)100円
  • エノキ(1本)150円
  • ピーマン(1本)90円
  • 玉ねぎ(1本)100円
  • 厚あげ(1本)90円
  • 鳥かわ(1本)90円
  • 5本セット 550円(豚バラ、砂ずり、レバー、ウインナー、エノキ)

食べログで見る

アクセス

店舗名 久留米ラーメン 和ノ吉
所在地 〒830-0002 福岡県久留米市高野2丁目10-5
お問合せ TEL:0942-65-7810
駐車場 あり

わたしの一言

トモノリ

執筆時現在、パート・アルバイト募集と看板がありました。

丸星ラーメン、松ちゃんラーメン、そして久留米ラーメン 和ノ吉とあの辺りはラーメン店が並びますね。

焼鳥のテイクアウトもあり、どんなお店か気になりますね。

当サイト掲載について

月間約94万アクセス!累計800万アクセスの久留米ファンに掲載できます。
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

久留米ラーメン 和ノ吉オープン!焼鳥のお持ち帰りも!丸星ラーメン近く

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
企業やお店のWeb集客・WordPress・ブログコンサルなどやってます。
当サイトでは、福岡県、久留米市、筑後地方に関するイベントや歴史・文化、グルメなど何でも情報発信中。毎日9時、12時、19時に情報を発信しています。
月間94万アクセス達成!
久留米ファンで記事にしたいという方は下記よりどうぞ!(↓)
「記事広告について」