くるめ緑の祭典 緑のサイクリング 筑後川サイクリングロードをサイクリング

くるめ緑の祭典 緑のサイクリング 筑後川サイクリングロードをサイクリング

2019年4月28日(日)、久留米百年公園北側芝生広場を集合場所に緑のサイクリング(第38回 くるめ緑の祭典)が開催されます。

久留米百年公園から朝羽大橋までの往復約42キロの筑後川サイクリングロードをサイクリングするイベントです。

楽しいゲームや記念品などもあり、昼食会場ではブタ汁も用意されています。

参加費は無料で定員500名、参加資格は小学3年生以上。保護者同伴であれば小学2年生以下でも参加できます。

要事前申込みとなっています。

くるめ緑の祭典 緑のサイクリング 筑後川サイクリングロードをサイクリング

概  要

  • 開催日時:2019年4月28日(日)9時30分 久留米百年公園北側芝生広場集合
    ※片ノ瀬橋(10:30集合)でも途中合流可能
  • 集合場所:久留米百年公園北側芝生広場
  • コース:久留米百年公園から朝羽大橋までの往復約42キロ
    久留米百年公園北川芝生広場集合→河川敷サイクリングロ-ド→片の瀬橋下→朝羽大橋下(昼食会場)→折り返して片の瀬橋下→中干出公園北側河川敷駐車場(ゴ-ル)
  • 参加料・参加資格:無料 小学3年生以上。ただし、保護者同伴であれば小学2年生以下でも参加できます。
  • 定員:500名 ※要事前申込み
  • お問合せ:久留米みどりの市民会議事務局
    住所:〒839-0809 久留米市東合川5丁目8-5地場産くるめ3F 久留米造園建設業共同組合内
    電話番号:0942-44-6773
    ファックス番号:0942-44-8894
自転車、帽子、弁当、水筒、雨具、マイカップ・マイ箸などは各自で準備

参加方法・申込方法

概要
  • 参加料:無料
  • 定員:500名
  • 参加資格:・小学校3年生以上。ただし、保護者同伴であれば2年生以下でも参加できます。
    ・自転車は各自で準備してください。(補助輪つき自転車や二人乗りでの参加はできません。)
    ・軽装で弁当・水筒・タオル・雨具を持参して帽子をかぶってきてください。(ヘルメット着用が望ましい)
  • 「申し込み方法」①か②で申込み

  • ①申込書に記入の上、「久留米みどりの市民会議事務局」「久留米市都市建設部公園緑化推進課」「各総合支所 環境建設課」「自転車商組合加盟の自転車店」に提出
  • ②官製はがきに、住所・氏名・年齢・電話番号・集合場所を記入の上、下記に郵送
  • 〒839-0809
    久留米市東合川5丁目8-5地場産くるめ3F
    久留米造園建設業共同組合内 久留米みどりの市民会議事務局

久留米観光コンベンション国際交流協会公式ホームページ

緑のサイクリングの詳細は、久留米観光コンベンション国際交流協会公式ホームページを御覧ください。

アクセス

集合場所 久留米百年公園北側芝生広場
所在地 福岡県久留米市百年公園1-1
駐車場 あり
交通アクセス 西鉄久留米駅よりバスで約10分
JR・九州新幹線久留米駅よりバスで約20分
レンタカーを探す 日本全国のレンタカープランを一括検索!予約も簡単♪【旅楽レンタカー予約】
グルメスポット 久留米市のおすすめグルメスポットを探す
久留米市のグルメガイド・人気レストラン
遊び・体験スポット 遊び・体験スポットを探す
周辺宿泊先 宿泊先を探す

わたしの一言

トモノリ

くるめ緑の祭典 緑のサイクリングは毎年開催されています。多くの人が参加されている人気イベントです。

この時期のサイクリングは気持ちがいいですよ〜。

家族や友達と一緒にサイクリングされてみてはいかがでしょうか。

第62回 久留米つつじまつり 日本三大植木まつりに数えられる植木市

2019.03.26




当サイト掲載について

月間118万アクセス!累計1,500万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

くるめ緑の祭典 緑のサイクリング 筑後川サイクリングロードをサイクリング

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
企業やお店のWeb集客・Web制作などやってます。
当サイトでは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントや歴史・文化、グルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間118万アクセス達成!
久留米ファンで記事にしたいという方は下記よりどうぞ!(↓)
「記事広告について」