【久留米市出身】野田かつひこコンサート ふるさとの唄2017

【久留米市出身】野田かつひこコンサート ふるさとの唄2017

2017年11月21日(火)、福岡県久留米市野中町にある石橋文化ホール(大ホール)にて、「野田かつひこコンサート ふるさとの唄2017」が開催されます。

野田かつひこさんは、福岡県久留米市三潴町生まれのミュージシャンです。久留米ふるさと大使にも就任されています。

毎年、秋にふるさと久留米で開催しているコンサート。

久留米を舞台にした「鬼夜」、「夢見て乾杯!文化街」、「織姫クレメ」、「魔法の靴の贈り物」、650年前に世阿弥が書いた能の曲「井筒」を現代風の歌に、見どころ聴きどころ満載のコンサートとなっています。

野田かつひこコンサート ふるさとの唄2017

概  要

  • 開催日時:2017年11月21日(火)19時開演(開場18時)
  • 開催場所:石橋文化ホール(大ホール)
  • 開催住所:〒839-0862 久留米市野中町1015
  • チケット:前売券3,000円(当日券3,500円)、高校・大学生1,500円(当日券2,000円)、子育て支援サービス券 中学生以下 前売券1,000円
  • 主  催:野田かつひこコンサート実行委員会
  • 公演のお問い合わせ:NODA倶楽部:0942-64-5791

野田かつひこ PROFILE

福岡県久留米市三潴町生まれ。

国内外でのライブ活動を経て吉本興業福岡音楽部門より九州初のミュージシャンとして「よかやんね」で CDデビュー。

各地でのコンサート活動を中心に、劇音楽の制作やラジオ番組、随筆活動と 幅広く活躍しているアーティスト。

自らの足で各地をめぐり、そこに暮らす人々の思いや命の輝きを歌にするスタイルが自然に出来上がり、2005年の福岡西方沖地震では被災した玄界島の応援歌「僕のふるさと玄界島」を作曲、2007年からは重症筋無力症と闘うファンの方との出逢いから「さまざまな命の物語」と題し、命をテーマにしたコンサートを各地で毎年開催している。

また、廃校目前の中学校の生徒たちの思いを歌にする取り組みを行い、それを取材した番組は日本ケーブルテレビ大賞番組アワード最優秀賞を受賞、作曲した曲「加志々が好きなんだ」は2014年3月に歌碑が建立された。

2015年には福岡県久留米市の「くるめふるさと大使」に任命され、 活動の幅が徐々に広がっている。

出演

  • 山崎箜山(尺八)
  • 児嶋雅子(パーカッション&マリンバ)
  • 村上勝敏(ベース)
  • 藤松純子(ヴァイオリン)
  • 河原一裕(ドラム)
  • 濱田治(トロンボーン)、他

チケット取扱

BOOKSあんとく、岩田屋久留米店プレイガイド、木下楽器店、その他コンサート協力店、応援団体

野田かつひこ WebSite

アクセス

石橋文化ホール
住所:〒839-0862 久留米市野中町1015

わたしの一言

トモノリ

今年で12年目となる、ふるさとの唄 野田かつひこコンサートです。

気になる方はぜひチケットをお求めされてはいかがでしょうか。

久留米ファンに掲載しませんか?

月間26万アクセスの久留米ファンで記事にしてみませんか?

『お店をPRしたい!イベントを告知したい!』など記事にします。

多くの人へ、記事を届けます!

【2周年記念】今だけ割安な新プラン(5,400円〜)

お気軽にこちらまでご連絡下さい。

スポンサーリンク

関連記事

【久留米市出身】野田かつひこコンサート ふるさとの唄2017

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。 福岡県、久留米市、筑後地方に関するイベントや歴史・文化、グルメなど何でも情報発信中。毎日9時、12時、19時に情報を発信しています。 ついに月間26万アクセス達成! ぜひお店をPRしたい!という方は下記よりどうぞ!(↓)
久留米ファンで広告を掲載しませんか?