来て見てん山苞の道 ギャラリーや工房などを一斉開放 自然を満喫

来て見てん山苞の道 ギャラリーや工房などを一斉開放 自然を満喫

2017年11月3日(金・祝)、福岡県久留米市田主丸町において「来て見てん山苞の道」が開催されます。

全長約5キロメートルにわたる「山苞の道」周辺にあるギャラリー、工房等を一斉開放し、その一帯がまるで博物館のようになります。

ちなみに読み方は山苞の道やまずとのみちと読みます。源氏物語の中に「山苞にもたせ給えり紅葉」という句から命名されています。

地域住民による手作り品や農産物なども販売され、自然を満喫できるイベントです。

来て見てん山苞の道

概  要

  • 開催日時:2017年11月3日(金・祝)9時〜16時
  • 開催場所:田主丸町(山苞の道周辺)県道151号の更に山手の道約5km
  • 開催住所:〒839-1213 久留米市田主丸町
  • お問合せ:山苞の会 Tel.0943-73-1824
  • 駐車場:無料 会場周辺約50台
無料シャトルバス運行(福岡県緑化センター発着)11月3日(2台/9:00、9:35発)運行、雨天決行

久留米校区まちづくり連絡協議会 Webサイト

アクセス

田主丸町(山苞の道周辺)県道151号の更に山手の道約5km
住所:〒839-1213 久留米市田主丸町
山苞の会 Tel.0943-73-1824

駐車場:無料 会場周辺約50台

九州自動車道久留米インターから車で30分
大分自動車道甘木インターから車で20分

わたしの一言

トモノリ

いろんな歴史・旧跡とともに絵画、陶芸、染物、、手作り家具など、そこに暮らす人々の手によるものがギャラリーとなり、お店となって訪れる人を温かく迎えてくれます。

また、巨峰ワイナリーや紅乙女酒造耳納蒸留所の見学のほか、手作りのパンやジャムなどの美味しいものとの出会いがありますよ。

ぜい足を運ばれてみて下さい。

宿泊先を探すならホテル料金比較サイト「トリバゴ」
イベント会場周辺で宿泊して楽しむなら世界最大のホテル料金比較サイト「トリバゴ」がオススメです。周辺の安いホテルを探すことができます。

久留米ファンに掲載しませんか?

月間26万アクセスの久留米ファンで記事にしてみませんか?

『お店をPRしたい!イベントを告知したい!』など記事にします。

多くの人へ、記事を届けます!

【2周年記念】今だけ割安な新プラン(5,400円〜)

お気軽にこちらまでご連絡下さい。

スポンサーリンク

関連記事

来て見てん山苞の道 ギャラリーや工房などを一斉開放 自然を満喫

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。 福岡県、久留米市、筑後地方に関するイベントや歴史・文化、グルメなど何でも情報発信中。毎日9時、12時、19時に情報を発信しています。 ついに月間26万アクセス達成! ぜひお店をPRしたい!という方は下記よりどうぞ!(↓)
久留米ファンで広告を掲載しませんか?