福岡県「沖ノ島」世界文化遺産登録決定!九州からは2015年以来

福岡県「沖ノ島」世界文化遺産登録決定!九州からは2015年以来

平成29年7月9日、ポーランドのクラクフで開かれている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は福岡県の「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」を世界文化遺産に登録することを決定しました。

「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」は福岡県宗像市の沖ノ島や宗像大社など8つの構成資産から成る遺産群です。

構成8資産のうち、ユネスコ諮問機関が4資産について「除外」を事前勧告していましたが、世界遺産委は一転して8資産の一括登録を認めました。

これにより国内の世界遺産は文化遺産17件、自然遺産4件の合計21件となります。九州からは2015年の「明治日本の産業革命遺産」以来となります。

沖ノ島(おきのしま)とは?

沖ノ島(おきのしま)は、福岡県宗像市に属する、九州本土から約60キロメートル離れた玄界灘の真っ只中に浮かぶ周囲4キロメートルの孤島であり、宗像大社の神領(御神体島)で、沖津宮(おきつぐう)が鎮座します。

4〜9世紀に航海の安全と大陸との交流の成功を祈願する祭祀(さいし)が営まれ、その跡がほぼ手つかずで残っています。

島からは銅鏡や金製の指輪などおよそ8万点の装飾品などが出土し、「海の正倉院」とも呼ばれています。全て国宝に指定されています。

島そのものが神体とされ、立ち入りは原則禁止されています。

わたしの一言

トモノリ

勧告を覆してすべての登録されるなんてすごいことですね。「海の道むなかた館」の入り口には、登録を知らせる貼り紙が掲示されたそうです。

同じ福岡県から世界文化遺産が決定されるなんて嬉しいですね。

久留米ファンに掲載しませんか?

月間26万アクセスの久留米ファンで記事にしてみませんか?

『お店をPRしたい!イベントを告知したい!』など記事にします。

多くの人へ、記事を届けます!

【2周年記念】今だけ割安な新プラン(5,400円〜)

お気軽にこちらまでご連絡下さい。

スポンサーリンク

関連記事

福岡県「沖ノ島」世界文化遺産登録決定!九州からは2015年以来

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。 福岡県、久留米市、筑後地方に関するイベントや歴史・文化、グルメなど何でも情報発信中。毎日9時、12時、19時に情報を発信しています。 ついに月間26万アクセス達成! ぜひお店をPRしたい!という方は下記よりどうぞ!(↓)
久留米ファンで広告を掲載しませんか?