来福!ねこニャん祭り ネコ好き必見!ハンドメイドや譲渡会開催

来福!ねこニャん祭り ネコ好き必見!ハンドメイドや譲渡会開催
2020年の来福!ねこニャん祭り

2020年2月22日に開催される「来福!ねこニャん祭り」の詳細記事はこちらをご覧下さい↓

来福!ねこニャん祭りin猫の日 マルシェや保護猫の譲渡会も開催【久留米】

【中止】来福!ねこニャん祭りin猫の日 マルシェや保護猫の譲渡会も開催【久留米】

2020年1月16日

—下記は2019年の記事です—

2019年3月3日(日)に久留米シティプラザ六角堂広場において「来福!ねこニャん祭り」が開催されます。

ねこニャン好き大集合

縁起物の招き猫に”商売繁盛”と街ねこの共存を願い、猫モチーフの雑貨フェスとねこ写真による保護猫譲渡会が行われます。

福岡県内外から猫作家さんが大集合!ハンドメイド猫雑貨やニャンコスプレやアクセ作りなどの体験ができる、ねこニャんワークショップも行われます。

入場は無料です。

今回も飛び猫写真家の五十嵐健太さんの協力よる「癒しの猫の森展」が2019年2月27日(水)から3月3日(日)11時〜18時の期間、久留米シティプラザ2F 展示室3にて行われます。こちらは入場料100円(復興財源寄付)となっています。

来福!ねこニャん祭り ネコ好き必見!ハンドメイドや譲渡会開催

概  要

  • 開催日時:2019年3月3日(日)10時30分〜16時
  • 開催場所:久留米シティプラザ 六角堂広場
  • 所在地:〒830-0031 福岡県久留米市六ツ門町8-1
  • 入場:無料
  • お問合せ:株式会社ハイマート久留米・ねこニャん祭り実行委員会 TEL.0942-38-5677

イベント内容

概要
  • ハンドメイド猫雑貨
    福岡県内外から猫作家さんが大集合!
  • ねこニャんワークショップ
    ニャンコスプレやアクセ作りなどの体験
  • ねこ写真による保護猫譲渡会

ねこニャんまつり実行委員会 Facebookページ

イベントの詳細は、ねこニャんまつり実行委員会Facebookページを御覧ください。

癒しの猫の森展

癒しの猫の森展
概  要

  • 開催日時:2019年2月27日(水)から3月3日(日)11時〜18時
  • 開催場所:久留米シティプラザ2F 展示室3
  • 所在地:〒830-0031 福岡県久留米市六ツ門町8-1
  • 入場料:100円(復興財源寄付)

西武八尾と鹿児島でも開催され、人気のイベントとなっています。

アクセス

開催場所 久留米シティプラザ六角堂広場
所在地 福岡県久留米市六ツ門町8-1
駐車場 久留米シティプラザ地下駐車場 114台 最初の1時間は200円 以後30分ごとに100円(4時間以上12時間以内800円。12時間以降は1時間ごとに100円)
周辺駐車場をお探しなら久留米市中心市街地駐車場案内 くるっぱPナビをご利用下さい。
交通アクセス JR鹿児島本線「JR久留米駅」から西鉄バスで約15分「六ツ門 シティプラザ前」バス停下車
西鉄大牟田線「西鉄久留米駅」から徒歩約10分
レンタカーを探す レンタカーはこちら
周辺グルメスポット OSAKANA DINING OBANA 久留米で新鮮な美味しい魚が食べられるお店
久留米市六ツ門町のおすすめグルメを探す
遊び・体験スポット 周辺で遊び・体験スポットを探す
周辺宿泊先 久留米市のホテル・宿泊施設

わたしの一言

トモノリ

商売繁盛の招き猫にあやかった、猫のハンドメイドマーケットです。

毎年、猫好きな方にはたまらない可愛らしい猫雑貨が大集合しています。

イベントチラシを持参すると猫チロルチョコプレゼントとなっています。

気になる方は、訪れてみてはいかがでしょうか。

新型コロナウイルスの影響によりお店の営業時間など変更や休業。イベントの中止または延期となる場合があり、記事内容と異なる場合があります。
この記事のURLをコピーする
当サイト掲載について

月間198万アクセス!累計4,100万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

来福!ねこニャん祭り ネコ好き必見!ハンドメイドや譲渡会開催

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間198万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」