日本福音ルーテル久留米教会の礼拝堂と煉瓦塀が国の登録有形文化財に

日本福音ルーテル久留米教会の礼拝堂と煉瓦塀が国の登録有形文化財に

2019年3月18日(月)、国の文化審議会が久留米市日吉町にある「日本福音ルーテル久留米教会」の礼拝堂と煉瓦塀が登録有形文化財に選ばれています。

日本福音ルーテル久留米教会の礼拝堂と煉瓦塀が国の登録有形文化財に

1901年創立し、レンガ作りの礼拝堂は1918年に建てられ100年が経っています。

アメリカ出身で日本で数多くの西洋建築を手懸けた建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズが建築物。その建築物の中でも初期の作品の一つに数えられ、九州に現存する中では最古のものといわれています。

1945年8月11日、久留米が空襲を受けた際、教会の礼拝堂にも、間近まで火の手が迫りますが、信徒達はこれを食い止めようと必死の消火活動し延焼を免れています。

久留米市内の国登録有形文化財は、これで計7件となります。

日本福音ルーテル久留米教会

所在地:〒830-0017 福岡県久留米市日吉町16-3

久留米市梅林寺の「有馬家霊屋」が国の重要文化財指定へ

久留米市梅林寺の「有馬家霊屋」が国の重要文化財指定へ

2018年10月20日
当サイト掲載について

月間118万アクセス!累計1,700万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

日本福音ルーテル久留米教会の礼拝堂と煉瓦塀が国の登録有形文化財に

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
企業やお店のWeb集客・Web制作などやってます。
当サイトでは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントや歴史・文化、グルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間118万アクセス達成!
久留米ファンで記事にしたいという方は下記よりどうぞ!(↓)
「記事広告について」