新春!福まつり 久留米六角堂広場 祝い餅つきや新春獅子舞など開催

新春!福まつり 久留米六角堂広場 祝い餅つきや新春獅子舞など開催

2020年1月4日(土)、1月5日(日)の2日間、久留米シティプラザ六角堂広場において「ふゆやすみ!こども★ほりでい ~新春!福まつり~」が開催されます。

昔ながらの杵と臼でのお餅つき「祝い餅つき」「ダンボール相撲」「新春獅子舞」「ぷちオーケストラ」「小川楽器プレゼンツ!ヤマハ音楽教室 ~わくわく体験コンサート~」「かんたん楽器体験会」など行われます。

まちなか遊園地や昔あそびコーナーもあり、両日ともに「昔懐かし駄菓子屋さん」も登場します。

両日、先着50名にマスコットティッシュプレゼントされます。

ふゆやすみ!こども★ほりでい ~新春!福まつり~

概  要

  • 開催日時:2020年1月4日(土)、1月5日(日)10:30~15:30
  • 開催場所:久留米シティプラザ六角堂広場
  • 所在地:〒830-0031 福岡県久留米市六ツ門町8-1
  • 入場:無料
  • 主 催:株式会社ハイマート久留米
  • お問合せ:TEL.0942-38-5677(ハイマート久留米 六角堂広場内)

イベント内容

1月4日(土)
  • 11時/14時「祝い餅つき」
    つきたてのお餅のおふるまい。(先着100名)
  • 13時「ダンボール相撲」
    ダンボールでできた、ちょっぴり大きなトントン相撲大会
1月5日(日)
両日
  • まちなか遊園地や昔あそびコーナーもあり。「昔懐かし駄菓子屋さん」も登場
  • 先着50名にマスコットティッシュプレゼント

2018年1月に「ふゆやすみ!こどもほりでい」に訪れた様子

ふゆやすみ!こどもほりでい獅子舞

2018年1月7日に開催された「ふゆやすみ!こどもほりでい」で訪れた様子です。

無病息災「獅子舞い」がちょうど行われていました。

子どもたちが獅子舞に頭を噛まれていました。

獅子舞に頭を噛まれると厄払いになり、「無病消息で過ごせる」という言い伝えがあります。

久留米まちなかイベント情報 Webサイト

ふゆやすみ!こども★ほりでい ~新春!福まつり~の詳細は、久留米まちなかイベント情報をご覧下さい。

久留米シティプラザ Webサイト

アクセス

開催場所 久留米シティプラザ六角堂広場
所在地 福岡県久留米市六ツ門町8-1
駐車場 久留米シティプラザ地下駐車場 114台 最初の1時間は200円 以後30分ごとに100円(4時間以上12時間以内800円。12時間以降は1時間ごとに100円)
周辺駐車場をお探しなら久留米市中心市街地駐車場案内 くるっぱPナビをご利用下さい。
交通アクセス JR鹿児島本線「JR久留米駅」から西鉄バスで約15分「六ツ門 シティプラザ前」バス停下車
西鉄大牟田線「西鉄久留米駅」から徒歩約10分
レンタカーを探す レンタカーはこちら
グルメスポット 久留米市六ツ門町のおすすめグルメを探す
遊び・体験スポット 周辺で遊び・体験スポットを探す
周辺宿泊先 久留米市のホテル・宿泊施設

近くのおすすめグルメ

わたしの一言

トモノリ

ふゆやすみ!こども★ほりでいが2020年も開催されます。

気になる方は、新春に訪れてみてはいかがでしょうか。

ハッピーウインターマーケット 久留米シティプラザ六角堂広場にて開催

ハッピーウインターマーケット 久留米シティプラザ六角堂広場にて開催

2019年12月16日
冬めくあったかクリスマスバル2019 バル限定のおトクなメニュー勢揃い【久留米】

冬めくあったかクリスマスバル2019 バル限定のおトクなメニュー勢揃い【久留米】

2019年12月5日
くるめ光の祭典 ほとめきファンタジー2019 久留米イルミネーション 点灯式も

くるめ光の祭典 ほとめきファンタジー2019 久留米イルミネーション 点灯式も

2019年11月4日
この記事のURLをコピーする
当サイト掲載について

月間198万アクセス!累計3,000万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

新春!福まつり 久留米六角堂広場 祝い餅つきや新春獅子舞など開催

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間198万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」