鬼夜 大善寺玉垂宮 1600年の伝統ある日本三大火祭りの一つ

鬼夜 大善寺玉垂宮 1600年の伝統ある日本三大火祭りの一つ

2019年1月7日(月)、福岡円久留米市大善寺玉垂宮において、1600年余の伝統ある火祭り鬼夜(おによ)」が開催されます。

鬼夜おによは、日本三大火祭りの一つに数えられるとともに、国指定の重要無形民俗文化財です。

日本一といわれる大松明6本が紅蓮の炎を上げて燃え盛り、それを数百人の裸の氏子若衆がカリマタで支えて境内を廻るという熱気あふれる勇敢な年頭の祭りです。

大松明は直径1m余り、全長約13m、重さ約1・2トンもあります。

この大松明の火の粉を浴びると無病息災と云われ、家内安全、災難消除、開運招福を祈願される方で賑わいます。

また魔祓い(まばらい)神事に用いられる鉾に付けられた鉾紙(ほこがみ)は安産、幸運のお札として珍重されています。

有料の桟敷スタンドが250席あり全席自由2,000円で12月1日より販売されています。観覧席は予定枚数がなくなり次第終了。

鬼夜 大善寺玉垂宮 1600年の伝統ある日本三大火祭りの一つ

概  要

  • 開催日時:2019年1月7日(土)13:00~23:30頃 ※大松明点火は21:00すぎ頃
  • 開催場所:大善寺玉垂宮
  • 所在地:〒830-0073 福岡県久留米市大善寺町宮本1463‐1
  • 料金:無料。※有料観覧席(2,000円)有り・250席限定(全席自由)※予定枚数がなくなり次第終了。
  • お問合せ:大善寺玉垂宮社務所 Tel.0942-27-1887
雨天でも行事は実施されます。

大善寺玉垂宮 鬼夜 行事内容

大善寺玉垂宮 鬼夜 行事内容

概要
    元旦から7日迄は鬼会行事

  • 元旦・・・歳旦祭、獅子舞、開運福引き
  • 1月4日午前中・・大松明作り、境内に奉納
  • 1月7日
    13時〜16時 鬼面尊神の神事
    19時すぎ 裸の若衆境内参集~シオイカキ
    21時過ぎ 大松明点火~鉾面神事
    22時すぎ 一番松明惣門くぐり
    23時頃 大松明消え祭り行事終了

関連鬼夜について|大善寺玉垂宮

有料観覧席

  • 料金:有料観覧席(2,000円)
  • 座席数:250席限定(全席自由)
  • 発売日:12月1日より発売。※予定数がなくなり次第終了です。
  • 申込先・お問合せ:大善寺玉垂宮社務所 TEL.0942-27-1887

鬼夜の由来

鬼夜は、『吉山旧記』によれば仁徳天皇五六年(三六八年)一月七日、藤大臣(玉垂命)が勅命により当地を荒し、人民を苦しめていた賊徒・肥前国水上の桜桃沈輪(ゆすらちんりん)を闇夜に松明を照らして探し出し、首を討ち取り焼却したのが始まりだと言われています。

毎年一月七日の夜に行う追儺の祭事で、1600年余りの伝統があり、松明六本が境内を巡る火祭りです。p>

平成六年(一九九四年)には国の重要無形民俗文化財に指定され、日本三大火祭りの一つに数えられています。

大善寺玉垂宮(久留米市大善寺町)

大善寺玉垂宮(久留米市大善寺町)

古式豊かな拝殿です。

大善寺玉垂宮(久留米市大善寺町)鬼夜のモチーフ銅像 大善寺玉垂宮(久留米市大善寺町)鬼夜のモチーフ銅像

大善寺玉垂宮の側に鬼夜をモチーフとした銅像があります。

大善寺玉垂宮 Webサイト

鬼夜の詳細は、大善寺玉垂宮ホームページを御覧ください。

大善寺玉垂宮 360°のパノラマ空間で境内を見る!

下記のリンク先より、大善寺玉垂宮の境内を360°のパノラマ空間で見ることができます。

アクセス・交通機関案内

鬼夜 大善寺玉垂宮 アクセス・交通機関案内
開催場所 大善寺玉垂宮
所在地 〒830-0073 福岡県久留米市大善寺町宮本1463-1
お問合せ 大善寺玉垂宮社務所 TEL.0942-27-1887
駐車場 神苑(玉垂公園)約150台、大善寺小学校 約100台
※周辺駐車場には限りがありますので、公共交通機関を利用されることをオススメします。
交通アクセス 西鉄天神大牟田線「大善寺駅」下車(西口から徒歩5分)
JR「久留米駅」より西鉄バス(15)番利用、「宮前」バス停下車(徒歩3分)
JR「荒木駅」よりタクシー利用(約5〜6分)
九州自動車道久留米ICより約25分
レンタカーを探す 日本全国のレンタカープランを一括検索!予約も簡単♪【旅楽レンタカー予約】
グルメスポット 久留米市のおすすめグルメ情報
遊び・体験スポット 久留米市の遊び・体験スポット
周辺宿泊先 久留米のホテル・旅館 宿泊予約
久留米市のオススメふるさと納税返礼品

わたしの一言

トモノリ

鬼夜は年の始めに災厄を祓い、幸いを招くという1600年余りの伝統ある火祭りです。

目の前で見ると、とても迫力がありますよ!

特に一番松明の惣門くぐりは圧巻!!

一番松明だけの特権で、燃え盛る大松明が狭い惣門をくぐり抜けます。

大松明の火の粉をあびると無病息災といわれていて、毎年、家内安全、災難消除、開運招福を祈願する人たちが訪れています。

大善寺玉垂宮鬼夜保存会や地域の人たちの協力があるからこそ、歴史と伝統が守り続けられています。

久留米市大善寺の伝統ある日本三大火祭りの1つ「鬼夜」へ訪れてみてはいかがでしょうか。

当サイト掲載について

月間約94万アクセス!累計800万アクセスの久留米ファンに掲載できます。
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

鬼夜 大善寺玉垂宮 1600年の伝統ある日本三大火祭りの一つ

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
企業やお店のWeb集客・WordPress・ブログコンサルなどやってます。
当サイトでは、福岡県、久留米市、筑後地方に関するイベントや歴史・文化、グルメなど何でも情報発信中。毎日9時、12時、19時に情報を発信しています。
月間94万アクセス達成!
久留米ファンで記事にしたいという方は下記よりどうぞ!(↓)
「記事広告について」