ふくサテ!久留米市で時短営業要請始まる 久留米市の大久保市長に話を聞く

ふくサテ!

毎週月曜日〜金曜日、午後4時にTVQ九州放送で放送されている「ふくサテ!」。

2021年4月26日(月)ふくサテ!の放送が「久留米市で時短営業要請始まる。飲食店、カラオケ店の受け止めは!?

久留米市の飲食店でも午後9時までの時短営業要請が始まる。飲食店やカラオケ店の受け止めを取材。また、久留米市の大久保市長にも話を聞くといった番組内容となっています。

久留米市は新型コロナウイルスの感染者が急増していることから、4月25日から5月19日まで新型コロナウイルス感染拡大防止で、飲食店などを対象とした営業時間短縮要請が行われます。

4月22日に、久留米市の大久保市長は市長メッセージを公表しています。

【情報追記】久留米市の大久保市長が番組に生出演しました。番組の質問に回答した内容を追記しました。

ふくサテ!久留米市で時短営業要請始まる 久留米市の大久保市長に話を聞く

概  要

  • 放送局:TVQ九州放送
  • 番組名:ふくサテ!
  • 放送日時:2021年4月26日(月)16時24分~16時54分
  • 出演:テレQアナウンサー 木戸優雅・立花麻理・中嶋空・日経新聞西部支社編集部長 堤和彦
番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。

2021年4月26日(月)主な内容

  • 久留米市の飲食店でも午後9時までの時短営業要請が始まる。飲食店やカラオケ店の受け止めを取材。また、久留米市の大久保市長にも話を聞く。
  • 特捜Q !文庫本の包装。

福岡市に続き、久留米市の飲食店でも午後9時までの時短営業要請が始まる。飲食店やカラオケ店の受け止めを取材。また、久留米市の大久保市長にも話を聞く。

特捜Q チーム!立ち読み防止のコンビニの漫画雑誌ように、書店では文庫本のフィルム包装がされているという。きれいなまま買える半面、ちょっとした内容の確認すらできず面白いのかどうかもわからないとの声も上がっている。

ふくサテ! | テレQ – 株式会社TVQ九州放送

ふくサテ!の詳細は、公式ウェブサイトを御覧ください。

久留米市の大久保市長が生出演

【放送終了後、情報追記】久留米市の大久保市長出演しました。

今日、久留米市の大久保市長はTVQ九州放送「ふくサテ」に生出演し、急増している原因として感染経路が分かっていないこと、久留米市で起こっていることが福岡県内どこで起きてもおかしくない状況であること、子どもたちにも感染が増えており、若い世代にも感染が拡がっていることが特徴であること、また学校はクラス単位で休校は行っているが、久留米市全体の休校は考えていないと話をされていました。

まん延防止措置を知事に要請するかの質問に、それは国や県の判断による、病床を確保することが極めて重要であること万全の対策をしていると述べました。

また放送では、久留米大学病院の医師によるとギリギリでベッドを回し、重症患者を受け入れるよう手配していて、今日時点で重症病床(8床)が満床で、これ以上患者が増えた場合は他の地区の搬送を検討している、地域全体でもっと病床を増やすべき、夜の態勢をどう維持してもらうか夜間の態勢整備についての課題が放送されていました。

久留米市で独自の感染対策を考えているかという質問に、病床をいかに確保するか、病床確保のために支援金を増やすして医療現場を支えていきたいと思うと市長は話をしました。

この状況下の中での「聖火リレー」についての質問には番組の時間がなく終了となりました。

わたしの一言

トモノリ

4月25日から久留米市の飲食店でも午後9時までの時短営業要請が始まっています。

筑後地区では大牟田市や柳川市でも感染者が急増していて、時短要請以外に他の対策が必要ではないかと感じます。

新型コロナウイルスの影響によりお店の営業時間など変更や休業。イベントの中止または延期となる場合があり、記事内容と異なる場合があります。
この記事のURLをコピーする
当サイト掲載について

月間198万アクセス!累計4,300万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

ふくサテ!

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間198万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」