岩田屋久留米店 本館 売り場を縮小!?新館閉鎖後さらなる効率化でコスト削減

岩田屋久留米店 本館 売り場を縮小!?新館閉鎖後さらなる効率化でコスト削減

岩田屋三越(福岡市)が、岩田屋久留米店(福岡県久留米市)本館の売り場を縮小する方針を固めたことが分かったことを西日本新聞が報じています。

岩田屋久留米店は新館を2019年3月に閉鎖して本館に集約したばかりですが、さらなる効率化でコスト削減を進め、立て直しを図るとされています。

【引用】

本館が入るビルは地上10階、地下1階で店舗面積は1万3500平方メートル。現在は全館を岩田屋が賃借しているが、11月をめどに6~8階をビル所有会社が直営する新たな商業施設に転換する見通し。岩田屋三越は縮小する売り場から他フロアへのテナントの集約などを進めており、9月上旬にかけて順次改装オープンする。

西鉄久留米駅前に立地する久留米店は、1972年に本館を開業。83年に新館を増床した。売上高は93年の334億円をピークに減少が続いており、新館閉鎖に加え一段のリストラで収益改善を図る。

岩田屋久留米本館縮小 新館閉鎖に続き 収益改善図る|【西日本新聞ニュース】

引用:岩田屋久留米本館縮小 新館閉鎖に続き 収益改善図る|【西日本新聞ニュース】

西日本新聞ニュース

わたしの一言

トモノリ

岩田屋久留米店は新館を閉鎖し本館に集約したばかりですが、早くも本館 売り場を縮小ということは、厳しい状況なんでしょうね。

地下一階に新たなお店をいろいろと出店されたりしていますが、それほど人が集まっているようには見えませんでした。

地方のデパート自体が苦戦を強いられているので、人が訪れたいと思うような何かを作らないと、なかなか難しいと個人的に感じています。

11月をめどに6~8階をビル所有会社が直営する新たな商業施設に転換する見通しとなっているので、どんなお店が入るか気になります。

岩田屋久留米店 新館を閉店 2019年3月頃営業終了!?本館は営業を継続

岩田屋久留米店 新館を閉店 2019年3月頃営業終了!?本館は営業を継続

2018年9月13日
この記事のURLをコピーする
当サイト掲載について

月間118万アクセス!累計1,800万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

岩田屋久留米店 本館 売り場を縮小!?新館閉鎖後さらなる効率化でコスト削減

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
企業やお店のWeb集客・Web制作などやってます。
当サイトでは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントや歴史・文化、グルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間118万アクセス達成!
久留米ファンで記事にしたいという方は下記よりどうぞ!(↓)
「記事広告について」