久留米市 市内の女子生徒からO121(腸管出血性大腸菌)とベロ毒素検出

久留米市 市内の女子生徒からO121(腸管出血性大腸菌)とベロ毒素検出

2018年8月10日(金)、久留米市保健所は久留米市内の10代の女子生徒からO121(腸管出血性大腸菌)とベロ毒素検出したと発表しています。

久留米市では8月5日にも久留米市内の男児(4)からO121(腸管出血性大腸菌)とベロ毒素検出されています。

久留米市の男児からO121(腸管出血性大腸菌)とベロ毒素検出

2018.08.06

腸管出血性大腸菌感染症

感染後3~5日間の潜伏期間を経て、激しい腹痛を伴う頻回の水様性の下痢が起こり、その後で血便となります(出血性大腸炎)。

発熱は軽度です。血便は、初期段階では、少量の血液の混入で始まりますが、次第に血液の量が増加し、典型例では血液そのもののような状態となります。

病原大腸菌のうち、O26・O111・O121・O128・O157などは、腸管内でベロ毒素という出血性下痢の原因となる毒素を作るため、「腸管出血性大腸菌」と呼ばれます。

久留米市保健所

当サイト掲載について

月間約94万アクセス!累計800万アクセスの久留米ファンに掲載できます。
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

久留米市 市内の女子生徒からO121(腸管出血性大腸菌)とベロ毒素検出

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
企業やお店のWeb集客・WordPress・ブログコンサルなどやってます。
当サイトでは、福岡県、久留米市、筑後地方に関するイベントや歴史・文化、グルメなど何でも情報発信中。毎日9時、12時、19時に情報を発信しています。
月間94万アクセス達成!
久留米ファンで記事にしたいという方は下記よりどうぞ!(↓)
「記事広告について」