久留米市中心部 池町川で魚が大量死 漂白剤による原因か

久留米市中心部 池町川で魚が大量死 漂白剤による原因か

2018年6月6日(水)久留米市中心部にある池町川の魚が水面に浮いていると久留米市や交番へ通報が相次ぎました。

久留米市中心部 池町川で魚が大量死 漂白剤による原因か

久留米市は六ツ門町を中心に約1キロ範囲で計110キロの魚の死骸を回収し検査しています。

検査の結果、水素イオン指数や水中の酸素濃度など魚の生息に影響をあたえるほどの数値はでなかったのことです。

魚のエラが灰色色になっていて、残留塩素や高濃度の酸性により魚が死んだと見られています。

池町川の水から漂白剤などに含まれる塩素が微量に検出されたといいます。

原因究明に向け調査を実施するとしています。

池町川には鯉やフナ、オイカワなどが生息しています。

はっきりした原因は分かっていませんが、悲しい出来事ですね。

【追記】6月25日に久留米市は検査結果を発表

池町川 魚の大量死は薬剤投与の可能性 検査結果を発表【久留米市】

2018.06.26
当サイト掲載について

月間約94万アクセス!累計800万アクセスの久留米ファンに掲載できます。
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

久留米市中心部 池町川で魚が大量死 漂白剤による原因か

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
企業やお店のWeb集客・WordPress・ブログコンサルなどやってます。
当サイトでは、福岡県、久留米市、筑後地方に関するイベントや歴史・文化、グルメなど何でも情報発信中。毎日9時、12時、19時に情報を発信しています。
月間94万アクセス達成!
久留米ファンで記事にしたいという方は下記よりどうぞ!(↓)
「記事広告について」