石橋文化センター共同ホール廃止 サンライフ久留米と勤労青少年ホームは統廃合

石橋文化センター共同ホール廃止 サンライフ久留米と勤労青少年ホームは統廃合

2018年3月6日、久留米市の大久保勉市長は久留米市野中町にある石橋文化センター内にある共同ホールの廃止する方針を明らかにしています。

サンライフ久留米と勤労青少年ホームは統廃合する方針も表明しています。

【2018年9月18日 情報追記】
来年3月で閉鎖する設置条例廃止案を取り下げると表明されています。市長は閉鎖そのものに変わりはないと明言しています。閉鎖を見送った背景には閉鎖に対して丁寧な説明を欠く市長の政治姿勢に市議会から批判や不満が噴出したとされています。共同ホールの閉鎖についても延期となっています。

石橋文化センター共同ホール廃止する方針

石橋文化センター内にある共同ホールは1985年に開館し多目的ホールとして、コンサート・各種発表会・演劇・研修会などに利用されています。

施設の老朽化に加え、利用者数が落ち込んでいることから廃止する方針を明らかにしています。

廃止時期は未定です。

共同ホールは久留米市が所有し久留米文化振興会が管理していて、施設運営費を市が補助しています。

この他、諏訪野町にあるサンライフ久留米と野中町にある久留米市勤労青少年ホーム(福祉施設)の統廃合も表明されています。

【情報追記】※その後4月に、サンライフ久留米は、2019年3月末廃止と決まりました。

旧4町の総合支所についても「組織の権限や体制など市民サービスに直結しない部分は早急に見直す」と報じられています。

平成31年4月以降の利用予約の受付を停止

【2018年3月29日追記】文化センター共同ホールの利用予約を平成31年4月以降の受付を停止することを久留米市は公表しています。

文化センター共同ホール

【2018年4月3日情報追記】正式に廃止の時期が来年3月末と発表

石橋文化センター共同ホール 2019年3月末廃止へ【久留米市】

2018.04.03

サンライフ久留米 2019年3月末で廃止に 多額の改修費が必要なため

2018.04.24

わたしの一言

トモノリ

コンサート・各種発表会・演劇・研修会などは久留米シティプラザができたので、そちらで利用するなど無駄の見直しを進めているのかもしれませんね。

小さな頃、共同ホールは利用してお世話になったので、廃止は寂しいですが、仕方がないかもしれませんね。

よく間違える方がいらっしゃいますが、「石橋文化ホール」のことではないのでご注意下さい。

合わせてこちらの記事もどうぞ(↓)

久留米市民温水プール(上津町)3月10日リニューアルオープン!

2018.02.19

久留米アリーナ 2018年6月2日開館!体育館・武道館・弓道場を一体化施設【九州最大級】

2018.03.01
当サイト掲載について

月間約94万アクセスの久留米ファンに掲載できます。
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

石橋文化センター共同ホール廃止 サンライフ久留米と勤労青少年ホームは統廃合

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
企業やお店のWeb集客・WordPress・ブログコンサルなどやってます。
当サイトでは、福岡県、久留米市、筑後地方に関するイベントや歴史・文化、グルメなど何でも情報発信中。毎日9時、12時、19時に情報を発信しています。
月間94万アクセス達成!
久留米ファンで記事にしたいという方は下記よりどうぞ!(↓)
「記事広告について」