気象庁が九州北部と南部に「線状降水帯予測情報」を発表 局地的に激しい雨のおそれ

気象庁が九州北部と南部に「線状降水帯予測情報」を発表 局地的に激しい雨のおそれ

気象庁は、2022年7月15日(金)午前10時30分頃、九州北部地方と九州南部地方に線状降水帯に関する事前情報を出しました。

線状降水帯が発生した場合は、局地的にさらに雨量が増えるおそれがあります。

福岡管区気象台の発表によると、九州北部地方に停滞している前線が、7月16日にかけて九州南部まで南下する見込みで、福岡県では、7月15日夕方から16日未明にかけて局地的に雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となるおそれがあり、雨雲が予想以上に発達した場合は、警報級の大雨となる可能性があるとしています。また、落雷や竜巻などの激しい突風のおそれもあります。

土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に注意・警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風に注意しましょう。

最新の気象情報や自治体から出される情報をチェックするようにしましょう。

線状降水帯に関する事前情報は6月に運用が開始されてから初めてになります。

気象庁 | 福岡県の警報・注意報

線状降水帯に関する各種情報

降水量の予想(多い所)

<降水量の予想(多い所)>
7月15日18時から16日18時まで
1時間降水量  50ミリ(筑後地方)
40ミリ(福岡・北九州・筑豊地方)   

24時間降水量 150ミリ(筑後地方) 、120ミリ(福岡・北九州・筑豊地方)

久留米市の防災情報

久留米市 Web版ハザードマップ

久留米市 河川増水に伴う水門・樋門・樋管の開閉状況

筑後地方とは?筑後北部・筑後南部とは?

知ってる?筑後地方とは?どこまでが地域?筑後地方について色々調べてみた!

2016年7月13日

九州電力送配電 停電情報

九州防災ポータルサイト

にしてつ 運行状況

JR九州 運行情報

この記事のURLをコピーする
新型コロナウイルス感染拡大状況によりイベントが中止・延期になる場合があります。また、お店や施設の営業時間等が変更・臨時休業されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
当サイト掲載について

月間220万アクセス!累計7,300万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

気象庁が九州北部と南部に「線状降水帯予測情報」を発表 局地的に激しい雨のおそれ

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間220万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」