※本ページにはプロモーションが含まれています

「マルちゃん マジ盛 濃厚とんこつ久留米ラーメン」1月22日 全国で新発売!

「マルちゃん マジ盛 濃厚とんこつ久留米ラーメン」1月22日 全国で新発売!

東洋水産株式会社は、カップ入り即席麺「マルちゃん マジ盛 濃厚とんこつ久留米ラーメン」を2024年1月22日(月)より、全国で新発売します。

商品は、「Ramenグランプリ2023-2024」にて、「スープ飲み干したくなる部門」の優勝に輝いた味(拉麺 久留米 本田商店)を「マジ盛」ブランドで商品化したものです。

商品コンセプト

当企画は、”あなたのいいねがカップ麺になる”をコンセプトに、「楽天グループ株式会社」の協力のもと、全国のラーメン店に参加を募り、ユーザーの投票によって店・味が選ばれる、ユーザー参加型企画です。「スープ飲み干したくなる部門」「旨辛でやみつきになる部門」「白飯欲しくなる部門」「これでもかと絡めたくなる部門」の4部門にて実施しました。

「スープ飲み干したくなる部門」で福岡県久留米市にある拉麺 久留米 本田商店が優勝しました。

Ramenグランプリ2023-2024 – Infoseek 特集

商品概要

①ブランド(マジ盛)×②広告・媒体(「楽天グループ」・「X(旧Twitter)」・「講談社」)×③ご当店(拉麺 久留米 本田商店)×④ユーザー(消費者)の4コラボレーションによる話題性の高い企画における優勝の味を商品化することで、相乗効果を目指します。

多くのユーザーが気軽に投票できる方式のため、ユーザーの「食べてみたい」という期待感が強く反映されたものとなっています。

店舗紹介

「拉麺 久留米 本田商店」とは2001年に前身となる「筑後丸福ラーメン」を開店し、その後2010年に福岡県久留米市に「拉麺 久留米 本田商店」を出店しました。

店主は「久留米ラーメン会」の副会長を務め、「久留米ラーメン」の普及にも全力を注いでいます。

商品特徴

  • めん:なめらかで歯切れのよい丸刃で切った麺。
  • スープ:濃厚でコクある豚骨ラーメンスープ。特製スープ付き。
  • 具材:味付豚肉、ごま、ねぎ。

商品詳細

  • 商品名:マルちゃん マジ盛 濃厚とんこつ久留米ラーメン
  • 内容量:109g(めん80g)
  • JANコード:4901990376907
  • 荷姿:12食入り1ケース
  • 希望小売価格:278円(税抜き)
  • 販売ルート:CVS、量販店、一般小売店 他
  • 発売日:2024年1月22日(月)
  • 発売地区:全国

東洋水産株式会社ホームページ

詳しくは、東洋水産株式会社ホームページを御覧下さい↓

拉麺 久留米 本田商店 ホームページ

わたしの一言

トモノリ

東洋水産株式会社は、カップ入り即席麺「マルちゃん マジ盛 濃厚とんこつ久留米ラーメン」を2024年1月22日(月)より、全国で新発売します。

商品は、「Ramenグランプリ2023-2024」にて、「スープ飲み干したくなる部門」の優勝に輝いた味(拉麺 久留米 本田商店)を「マジ盛」ブランドで商品化したものです。

どんな味か食べてみたいですね〜。

合わせてこちらの記事もどうぞ

「明星 大砲ラーメン監修 昔ラーメン風まぜそば こってりとんこつ味」12/18新発売

「明星 大砲ラーメン監修 昔ラーメン風まぜそば こってりとんこつ味」12/18新発売

2023年12月3日
久留米市・筑後エリアで人気ラーメン店 食べログランキングTOP20【2024年3月】

久留米市・筑後エリアで人気ラーメン店 食べログランキングTOP20【2024年1月】

2024年1月8日
久留米市 久留米とんこつラーメンPR動画配信!豚骨ラーメンはここから始まった!

久留米市 とんこつラーメンPR動画配信!豚骨ラーメンはここから始まった!

2017年10月12日
この記事のURLをコピーする
当サイト掲載について

月間220万アクセス!累計9500万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク
「マルちゃん マジ盛 濃厚とんこつ久留米ラーメン」1月22日 全国で新発売!

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー・インフルエンサー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間220万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」