目撃者f柳川市の水族館館長 亀井裕介くんを放送!「館長は生き物オタク高校生」

目撃者f柳川市の水族館館長 亀井裕介くんを放送!「館長は生き物オタク高校生」

最終⽇曜⽇ 深夜にFBS福岡放送で放送されている「目撃者f」。

1996年4月にスタートしたドキュメント番組「目撃者f」地元福岡・佐賀を舞台にした事件、出来事、暮らしの中で巻き起こる様々な問題、課題を検証します。また、困難を乗り越え前へ進む人々の営みを記録し未来を見つめる番組です。

2022年6月26日(日)目撃者fの放送で、水郷・柳川市にある“やながわ有明海水族館”の高校3年生の亀井裕介くんが放送されます。

水郷・柳川市にある“やながわ有明海水族館”。館長は、福岡市内の進学校に通う高校3年生の亀井裕介さん(17)。幼い頃から無類の生き物好きで、誰にでも分かりやすい説明が持ち味。しかし、コロナ禍で水族館から客足は遠のき、閉鎖の危機に。それでも亀井さんは、自らの発案で、生き物好きの子どもたちを“子ども職員”に任命し、一緒に水族館を盛り上げようと前を向く。生き物オタク高校生館長の奮闘ぶりを、カメラが追った。といった番組内容です。

超無敵クラスや、池の水ぜんぶ抜く大作戦など様々な番組で登場している福岡県柳川市「やながわ有明海水族館」の館長という顔を持つ高校生 亀井裕介くんが放送されます。

超無敵クラス 柳川市 やながわ有明海水族館館長 高校生 亀井裕介くんが登場

超無敵クラス 柳川市 やながわ有明海水族館館長 高校生 亀井裕介くんが登場

2022年1月25日
池の水ぜんぶ抜く大作戦 福岡県の柳川堀で絶滅危惧種を奇跡の発見!?

池の水ぜんぶ抜く大作戦 福岡県の柳川堀で絶滅危惧種を奇跡の発見!?

2022年4月10日

目撃者f柳川市の水族館館長 亀井裕介くんを放送!「館長は生き物オタク高校生」

概  要

  • 放送局:FBS福岡放送
  • 番組名:目撃者f
  • 放送日時:2022年6月26日(日)25時50分~26時20分 ※6月27日 (月) 1:50 ~ 2:20 (30分)
番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。

2022年6月26日(日)番組内容

生き物が大好きな男子高校生が小さな水族館の館長に就任。コロナ禍で閉鎖の危機に陥っても「生き物好きの子どもを生き物オタクに育てる!」と前を向く。

水郷・柳川市にある“やながわ有明海水族館”。館長は、福岡市内の進学校に通う高校3年生の亀井裕介さん(17)。幼い頃から無類の生き物好きで、誰にでも分かりやすい説明が持ち味。しかし、コロナ禍で水族館から客足は遠のき、閉鎖の危機に。それでも亀井さんは、自らの発案で、生き物好きの子どもたちを“子ども職員”に任命し、一緒に水族館を盛り上げようと前を向く。生き物オタク高校生館長の奮闘ぶりを、カメラが追った。

目撃者f 公式ホームページ

詳細は、番組ホームページを御覧ください。

亀井裕介 Twitter・インスタグラム

わたしの一言

トモノリ

2022年6月26日(日)放送【※6/27 (月) 1:50 ~ 2:20 (30分)】で、水郷・柳川市にある“やながわ有明海水族館”の高校3年生の亀井裕介くんが放送されます。

合わせてこちらのどうぞ

超無敵クラス 柳川市 やながわ有明海水族館館長 高校生 亀井裕介くんが登場

超無敵クラス 柳川市 やながわ有明海水族館館長 高校生 亀井裕介くんが登場

2022年1月25日
池の水ぜんぶ抜く大作戦 福岡県の柳川堀で絶滅危惧種を奇跡の発見!?

池の水ぜんぶ抜く大作戦 福岡県の柳川堀で絶滅危惧種を奇跡の発見!?

2022年4月10日
この記事のURLをコピーする
新型コロナウイルス感染拡大状況によりイベントが中止・延期になる場合があります。また、お店や施設の営業時間等が変更・臨時休業されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
当サイト掲載について

月間220万アクセス!累計7,300万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

目撃者f柳川市の水族館館長 亀井裕介くんを放送!「館長は生き物オタク高校生」

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間220万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」