大川市の路上で工事作業員が犯人から刃物で切りつけられる事件発生 徒歩で逃走

大川市の路上で工事作業員が犯人から刃物で切りつけられる事件が発生 徒歩で逃走

2021年7月20日(火)午前7時頃、福岡県大川市大野島付近の路上で、工事作業員が犯人から刃物で切りつけられる事件が発生しました。

24歳の男性が工事の準備をしていたところ、男に背後から声をかけられて振り返ったところをナイフで切りつけられて、右腕に軽傷を負っています。

犯人は、年齢30歳代の男、身長180センチ位、やせ型、灰色長袖シャツ、黒色長ズボン、黒色キャップ帽子、黒色マスクを着用しており、徒歩で逃走しています。

24歳の男性と犯人とは面識がないとのことです。

犯人は未だ凶器を所持している可能性があります。身の安全を第一とした行動をしましょう。

警察は目撃情報等があれば情報提供をお願いしています。

大川市教育委員会は、警察からの連絡を受け、市立小中学校の全10校で生徒の登校を見合わせています。

その後、現場の近くからは刃物が見つかったということで、警察は関連を調べています。

ふっけい安心メール配信バックナンバー | あんあんネットふくおかによる情報です。

【情報追記】警察が被害を訴えた男性の通報が虚偽だったと発表

福岡県警筑後署は2021年7月29日、被害を訴えた男性会社員(24)の通報が虚偽だったと発表しています。

現場の状況と男性の説明に矛盾する点などがあり、確認したところ男性が虚偽と認めたといいます。

現場に残っていたナイフを調べた結果、男性のDNA型しか検出されず、実際は、ナイフは男性が身につけていたもので、右腕に当たって作業着が破れ、軽いけがをしただけだったとのことです。

ナイフを使った作業をしていたところ、誤って右腕を切ってしまい「作業中に事故を起こしたことがばれると会社に迷惑をかけると思った」と話しているということです。

警察は、軽犯罪法違反(虚構犯罪申告)容疑で調べを進めています。

大川市で7/20に発生した刃物使用事件は男性の虚偽の通報と判明

大川市で7/20に発生した刃物使用事件は男性の虚偽の通報と判明

2021年7月29日

福岡県警察 筑後警察署トップページ

新型コロナウイルスの影響によりお店の営業時間など変更や休業。イベントの中止または延期となる場合があり、記事内容と異なる場合があります。
この記事のURLをコピーする
当サイト掲載について

月間220万アクセス!累計4,900万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

大川市の路上で工事作業員が犯人から刃物で切りつけられる事件が発生 徒歩で逃走

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間220万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」