店舗の数が多い会社ランキングを公開 店舗の数が多い企業は?

店舗の数が多い会社ランキングを公開 店舗の数が多い企業は?

「社会の生産性を底上げする。」を会社のミッションに掲げ、6つのSaaSビジネスとメディアを創業2年間で展開してきた株式会社QuickWork(本社:東京都渋谷区、代表取締役:村岡 功規、以下「QuickWork」)は、日本の約507万社の企業データベースを保有する「SalesNow DB」のデータから店舗の数が多い企業調査リリースを公開しています。

店舗の数が多い企業を、店舗数順にランキング形式(1位〜500位)で紹介されています。

また、店舗の数が多い会社TOP10の解説されています。

店舗の数が多い会社ランキングの1位は、海外にも多数の店舗を持つ「株式会社ファミリーマート」、2位は「株式会社セブン-イレブン・ジャパン」、3位は「株式会社ローソン」といずれもコンビニエンスストアという結果となっています。

店舗の数が多い会社ランキング TOP10

  • 1位 株式会社ファミリーマート 23,852店舗
  • 2位 株式会社セブン-イレブン・ジャパン 19,422店舗
  • 3位 株式会社ローソン 14,659店舗
  • 4位 株式会社ヤマダホールディングス 12,576店舗
  • 5位 株式会社日本さわやかグループ 7,000店舗
  • 6位 株式会社クラスAネットワーク 5,677店舗
  • 7位 株式会社メディカルシステムネットワーク 4,831店舗
  • 8位 株式会社大創産業 3,278店舗
  • 9位 株式会社ファーストリテイリング 3,221店舗
  • 10位 株式会社すかいらーくホールディングス 3,000店舗

2021年11月01日公開日 日本の約507万社の企業データベースを保有する「SalesNow DB」のデータから拠点の数が多い企業調査レポート内容 TOP10。

店舗の数が多い会社ランキング

「SalesNow DB」店舗の数が多い会社ランキング

店舗の数が多い会社ランキングの詳細や、1位〜500位までのランキングは下記の「SalesNow DB」をご覧下さい。

SalesNow DB ホームページ

わたしの一言

トモノリ

SalesNow DBでは、500万件以上の企業データを掲載されています。

今回、日本の約507万社の企業データベースを保有する「SalesNow DB」のデータから店舗の数が多い企業が発表しています。

筑後地区ではセブン-イレブンやローソンの方が、ファミリーマートより店舗数が多いような気がしますよね。

各企業のホームページの最新情報を見ると上記、店舗数より増えている企業もあります。

業種だけでいえば、世の中に多いお店は、コンビニより歯医者、美容室が多いですよね。

合わせてこちらの記事もどうぞ

都道府県魅力度ランキング2021 福岡県は7位!市区町村魅力度ランキングは!?

都道府県魅力度ランキング2021 福岡県は7位!市区町村魅力度ランキングは!?

2021年10月11日
久留米市の魅力ベスト20 おとななテレビで紹介されたランキングまとめ

久留米市の魅力ベスト20 おとななテレビで紹介されたランキングまとめ

2019年5月13日
全国自治体経営力ランキング 2021年度 久留米市は728位 あなたの街は何位?

全国自治体経営力ランキング 2021年度 久留米市は728位 あなたの街は何位?

2021年10月2日
日本全国「ラーメン県」ランキング発表『ラーメン県といえば、どこ?』福岡は2位

日本全国「ラーメン県」ランキング発表『ラーメン県といえば、どこ?』福岡は2位

2019年6月7日
「じゃらん 全国発売してほしい!ご当地パンランキング」発表 地元県民が愛してやまないパン

「じゃらん 全国発売してほしい!ご当地パンランキング」発表 地元県民が愛してやまないパン

2021年10月16日
この記事のURLをコピーする
当サイト掲載について

月間220万アクセス!累計5,200万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

店舗の数が多い会社ランキングを公開 店舗の数が多い企業は?

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間220万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」