綺羅びやかに圧巻!「柳川ひな祭り さげもんめぐり」に行ってきました!

綺羅びやかに圧巻!「柳川ひな祭り さげもんめぐり」に行ってきました!

福岡県柳川市の春の風物詩「さげもんめぐり」が2月11日(木・祝日)より始まりました。

つい先日、柳川市観光課と柳川フィルムコミッションが制作した「SAGEMON GIRLS(さげもんガールズ)」 の柳川市観光PRビデオが公開され大反響になっていますが、この動画を視聴してぜひ行ってみたいという気持ちになり、初日に早速行ってみました。

見なきゃ損!「柳川市観光PRビデオ SAGEMON GIRLS(さげもんガールズ)」を公開!

2016.02.08

その前に「さげもん」とは?さげもん飾りの意味とは?

そもそも「さげもん」はどんな意味で始まったのでしょうか。調べてみると江戸時代の末頃に、女の子の初節句を祝うため、おひなさまの代わりに古着の端切れで作った小物を飾ったのが始まりと言われています。

さげもん飾りの意味

160212 9007

綺羅びやかな「さげもん」ですが、その一つ一つに意味があるそうです。知ってましたか?柳川駅構内の駅員さんの事務所前にさげもんの意味が掲載されていました。

  1. 「柳川まり」美しく上げる”手まり”は柳川の古くからの慣わし。正月に”手まり”を巻いて家の女児等にあたえることは、新嫁のつとめだったと伝えられています。
  2. 「這い人形」ハイハイは赤ちゃんんの健やかな成長の証。「這えば立て、立てば歩め」の親ごころがこめられた子どもの豊かな成長を願う、”柳川さげもん”ならではの飾り物です。
  3. 「三番兜」三番兜は日本各地の民俗芸能や人形芝居のなかにも様々な形態で伝わる祝いの舞の象徴です。また、無病息災、家内安全、商売繁盛などの願いもこめられています。
  4. 「鶴」鶴は長寿の象徴として古くから親しまれている鳥。また、願い事をするときに千羽鶴を折る習慣かあることから、願い事を織り込むという意味もあります。
  5. 「金魚」ゆったり泳ぐ金魚は優雅さの象徴。ゆるやかに水中を泳ぎ、見る人の目を楽しませるように、美しくも品のある人に育ってほしいといの願いがこめられています。
  6. 「蝶」蝶は結婚式の三三九度の銚子の飾りに用いられる縁起物。さなぎから美しい羽を持つ姿に変身する蝶には、娘を美しく義飾らせて嫁に出したい親心がこめられています。
  7. 「宝袋」財物が詰まった宝袋は、生活が豊かであってほしいとの願いの象徴。また、心が豊かになりますように、誰からも尊敬される人物に育ってほしいとの願いがこめられています。
  8. 「梅」寒さに耐えて、春のさきがけて美しい花をさかせる梅は清純や節操の象徴。そんな梅のはなのように強く美しう育ってほしいとの願いがこめられています。
  9. 「桃」実が女性を象徴すると言われている桃は、早く花が咲き、育てやすく実が多くなることから多産の象徴。また魔除けの力がある樹とされ、女の子の厄払いの意味があります。
  10. 「桜」春のお花見で知られる桜は、日本人の馴染みの深い花のひとつ。そんなみんなに愛される桜の花のように可愛く育ちますようにとの意味がこめられています。
  11. 「桔梗」花言葉は気品。高貴で凛とした紫の花である桔梗のように、ものしずかで上品な女性に育ってほしいとの願いがこめられています。
  12. 「雄鶏・雌鶏」朝、早起きでつがいで仲良く卵を温め育てる雄鶏・雌鶏のように、勤勉な母となって子育てに励んでほしいとの願いがこめられています。
  13. 「ひよこ」愛らしく黄色いひよこはあどけなさと優しさの象徴。そんなひよこのようにかわいらしく育ってほしいとの願いがこめられています。
  14. 「うさぎ」おとなしくも元気に雪山に飛び回るうさぎのように、おとなしく愛らしくも元気に育ってほしいとの願いがこめられています。

「柳川ひな祭り さげもんめぐり」に行ってみた!

160212 90033

2月11日は朝から天気もよく気温も高めでお出かけ日和となりました。

柳川の街中はそれほど駐車場が多い訳でないことを知っていたので、「さげもん」を巡るには車では大変と思い西鉄電車を利用して柳川へ向かいました。

私は10年以上ぶりなると思いますが、西鉄電車で柳川駅へ行きましたが、駅がとても綺麗になって一新されていました。とても綺麗で前の柳川駅とは全く違います。

160212 7001

柳川出身の琴奨菊関をお祝うのぼりが各場所でいっぱいでした。さすが地元出身だけあって大人気ですね。

琴奨菊 優勝パレード 福岡県柳川市と千葉県松戸市でも開催決定!?いつ頃?

2016.01.26

ちなみに来月の3月5日に琴奨菊の優勝パレードである「水上パレード」が行なわれます。

駅を降りたらあちこちで様々な「さげもん」が見れ幻想的!

160212 90032

駅構内やを柳川市内ではあちこちで「さげもん」が飾られており華やで幻想的な感じになりました。

160212 6001 160212 7002

自動販売機やゴミ箱までこだわられていて柳川らしさ一色となっていました。とても華やかですね〜。つい写真を撮ってしまったほどでした。

160212 9009

ロッカーまでこだわられていて、「さげもん」になっていました!とても綺麗なロッカーでした。

市内のおよそ50か所にある雛人形や「さげもん」

160212 90030
160212 90029
160212 90014
160212 90023

「さげもんめぐり」の始まりを告げる「おひな様始祭」を見ることが一番の目的でしたが、あちこち歩いていたら綺羅びやかな「さげもん」が各場所に見られるので足をとめてしまうくらいでした。

圧倒されるほどのひな壇の高さ、そして雛人形の数、さげもんの数です。どれも丁寧に作られていて一つ一つ見ていたら1日では周りきれいないほどの数でした。

一つ一つ丁寧に手作りに作られているだけあって、お値段にもびっくりしました!まぁ中には手頃な「さげもん」もありましたが、良い物を見てしまうとそっちが欲しくなってしまいます。結局、あまりの数に圧倒されて選びきれずに購入しなかったんですけどね(笑)

掲載した写真はその中のごく一部です。まだ沢山ありました。市内のおよそ50か所あるそうです。

「さげもんめぐり」の始まりを告げる「おひな様始祭」

あちこちの「さげもん」や雛人形を見ていたらあっという間に「さげもんめぐり」の始まりを告げる「おひな様始祭」が始まってしまい、急いでそのパレードを見るために移動しました。

華やかな衣装を身にまとったお内裏様とおひなさま、それに稚児たちにふんした保育園児が集まり、祭りの始まりを祝いました。

160212 90017
160212 9002
160212 90018

交通機関の道路を通るのでゆっくり進むという感じではなく、あっという間に通り過ぎていくので、写真を撮るのに大変でした(笑)。焦って撮ったわりには上手に撮れたのではないかと思います。

稚児たちにふんした保育園児の表情がとてもかわいかったです。

柳川商店街「日本一の巨大さげもん」

160212 90012
160212 90011

その後、柳川商店街「日本一の巨大さげもん」があるとガイドマップに掲載されていたので、柳川商店街へ行ってみました。

写真では伝わりづらいと思いますが、これまで見た「さげもん」とは比べ物にならないくらい大きいです!「日本一の巨大さげもん」と言うだけありますね。雛人形の大きさから見てもらえば分かると思います。

「日本一の巨大さげもん」の前で石原良純さんと遭遇!

160212 90010
160212 7004

ちょうどその「日本一の巨大さげもん」を見ていたら、人が何やら群がっていたので何かと思ったら、石原良純さんが取材のリポートで来ていました。

リポートが終わった後、すぐに移動されていましたが、妻が握手を求めたらところ気持ちよく笑顔で握手してくれました。お忙しいところありがとうございました!テレビで見るより実物は大きく見えました。

西鉄柳川駅前『刻印レンガ』

160212 90035
160212 90036

西鉄柳川駅前の地面には『刻印レンガ』が敷き詰められています。これは新しく柳川駅が生まれ変わる時に寄付すると『刻印レンガ』をしてくれるという話を聞いていて、去年寄付していました。

そのことが気になっていて、駅前で足元を見ると多くの『刻印レンガ』がありました。皆、ローマ字となっており、すごい数のレンガで肝心な自分の番号を忘れてしまっていて、一つ一つ必死になってみてまわって探しました(笑)

かなりの時間を要しましたが、なんとか見つけることができました!
自分と家族の名前が刻まれたレンガを見つけたときはとても感動しました!

柳川は私の母方の故郷であるので、何かこの地にこうして刻まれているのを見ると嬉しく思いました。亡くなった祖父や祖母に見せてあげたかったです。天国から見てくれてるといいなぁ〜っと思いました。

同様な方で刻印レンガを見に行こうと思う方は、事前に番号を確認して行かれることをオススメします。

柳川観光列車「水都(すいと)」に乗った!

160212 9004

帰りも特急電車に乗って久留米へ帰ったのですが、なんとその帰りの西鉄電車特急が、偶然にも柳川観光観光列車「水都(すいと)」でした!

水都は、「柳川の伝統と四季の彩り」をテーマに、柳川の季節の風物詩をデザインコンセプトされた特別な列車です。

存在は知っていたのですが、まさか帰りの列車で乗れるとは思わず子どもと一緒にテンションが上がりました!

160212 9006

「水都(すいと)」の名前の由来は、美しい水の都 柳川を表すとともに、緑豊かな筑後エリアを駆け抜ける列車の姿を、清らかな水の流れに重ねています。また、博多弁で「好き」を表す『好いとー』にも聞こえるユーモアを含んだ呼び名で、福岡を代表する観光列車として、日本だけでなく海外も含めた人々に楽しんでもらえるような列車となっています。

160212 9005

外装だけでなく、内装も普通の西鉄電車とは全然違います。

1号車から6号車まで柳川づくしとなっており、1号車は菊と渡り鳥のイメージ、2号車は花火と白秋祭のどんこ舟、3号車は花菖蒲、4号車はからたちの花、5号車は柳の新緑と水面、6号車は柳川まりと雛祭りとなっています。

160212 900371

つり革から、広告の帯まで全て、柳川一色となっておりよく見ると「さげもん」にもなっていました。いや〜決して電車マニアという訳ではないのですが、久留米までの数分間がとても楽しく感じることができました。

わたしの一言

トモノリ

柳川は久留米からだと車で移動してもそれほど時間がかからず行けるので、最初は車で行こうかと思っていましたが、西鉄電車で行ってみて良かったと思いました。

あの雛人形や「さげもん」の綺羅びやかさ、そして水都に偶然にも乗れて柳川一色の1日となりました。

今度は川下りでもしながらのんびり過ごしたいなぁ〜また行きたいなぁっと思いました。

久留米市も好きですが、柳川市もいいですね〜。この「柳川ひな祭り さげもんめぐり」は4月3日まで行なわれています。

3月20日には「おひな様水上パレード」が行なわれます。ぜひ足を運んで見て下さい!
きっと「さげもん」の綺羅びやかに魅了されますよ〜!

久留米ファンに掲載しませんか?

月間26万アクセスの久留米ファンで記事にしてみませんか?

『お店をPRしたい!イベントを告知したい!』など記事にします。

多くの人へ、記事を届けます!

【2周年記念】今だけ割安な新プラン(5,400円〜)

お気軽にこちらまでご連絡下さい。

スポンサーリンク

関連記事

綺羅びやかに圧巻!「柳川ひな祭り さげもんめぐり」に行ってきました!

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。 福岡県、久留米市、筑後地方に関するイベントや歴史・文化、グルメなど何でも情報発信中。毎日9時、12時、19時に情報を発信しています。 ついに月間26万アクセス達成! ぜひお店をPRしたい!という方は下記よりどうぞ!(↓)
久留米ファンで広告を掲載しませんか?