久留米市の銀行 拳銃強盗未遂事件 男に懲役12年の判決

久留米市の銀行 拳銃強盗未遂事件 男に懲役12年の判決

4年前の7月、久留米市の筑邦銀行東合川支店に押し入り、拳銃を3発 発砲し、「金を出せ」などと脅しながら現金を奪おうとしたとして強盗未遂などの罪に問われていた指定暴力団、道仁会系の幹部(42)に対し、福岡地方裁判所は2019年7月18日、懲役12年を言い渡しています。

男(42)はこれまで無罪を主張していましたが、福岡地裁の裁判長は、犯行後短時間のうちに被告が管理する倉庫に犯行に使われた拳銃が持ち込まれたことや、画像解析の結果などから「被告が犯人であることに間違いない」と指摘、「反省の態度が認められない」などとして懲役12年を言い渡しました。

新型コロナウイルスの影響によりお店の営業時間など変更や休業。イベントの中止または延期となる場合があり、記事内容と異なる場合があります。
この記事のURLをコピーする
当サイト掲載について

月間220万アクセス!累計4,600万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

久留米市の銀行 拳銃強盗未遂事件 男に懲役12年の判決

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間220万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」