八女市の60代男性がマダニに刺され感染症で死亡 重症熱性血小板減少症候群

八女市の60代男性がマダニに刺され感染症で死亡 重症熱性血小板減少症候群

2021年8月22日(日)、福岡県久留米市保健所は、福岡県八女市在住の60代男性がマダニが媒介する感染症 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)で死亡したことを発表しています。

男性の右足首にダニに刺された痕があり、農作業中に刺された可能性があるとみられています。

60代男性は8月16日に倦怠感や発熱などの症状で八女市内の医療機関に入院し、17日に久留米市内に転院。症状が悪化し19日に重症熱性血小板減少症候群(SFTS)と診断され、21日に亡くなっています。

日本では、マダニに咬まれて感染する病気として知られているものに、日本紅斑熱、ライム病、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)、ダニ媒介脳炎があります。

マダニが媒介する感染症は、西日本を中心に発生しています。

特に、春から秋にかけてマダニの活動が活発になるため、山や草むらでの野外活動の際は、注意しましょう。

草むらや藪など、マダニが生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボン、足が完全に覆う靴を着用して肌の露出を少なくしましょう。

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)とは?

ウイルスを持つマダニにかまれることで感染する感染症で、発熱やおう吐、下痢や筋肉痛、それに呼吸不全などを引き起こし、場合によっては死に至ることもあります。

厚生労働省 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関するQ&A

久留米市ホームページ

八女市ホームページ

合わせてこちらの記事もどうぞ

80代男性がマダニが媒介するウイルス性感染症に感染 久留米市保健所が発表

80代男性がマダニが媒介するウイルス性感染症に感染 久留米市保健所が発表

2019年8月9日
みやま市でマダニ感染症の患者が確認される 重症熱性血小板減少症候群

みやま市でマダニ感染症の患者が確認される 重症熱性血小板減少症候群

2020年6月10日
県内初 久留米市の男性がマダニ感染症 久留米市保健所発表

県内初 久留米市の男性がマダニ感染症 久留米市保健所発表

2018年5月26日
新型コロナウイルスの影響によりお店の営業時間など変更や休業。イベントの中止または延期となる場合があり、記事内容と異なる場合があります。
この記事のURLをコピーする
当サイト掲載について

月間220万アクセス!累計4,600万アクセスの久留米ファンに掲載しませんか?
久留米ファンに記事広告について

お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓


スポンサーリンク

関連記事

八女市の60代男性がマダニに刺され感染症で死亡 重症熱性血小板減少症候群

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県、久留米、筑後地方をこよなく愛している久留米ブロガー。
久留米ファンは福岡県、久留米市、筑後地方周辺に関するイベントやグルメ、ニュース・出来事、私が感じたことなど何でも情報発信中。毎日7時、12時、19時、20時に情報を発信しています。
月間220万アクセス達成!
『久留米ファンに記事を掲載したい!集客したい!』という方は下記を御覧ください(↓)
「記事広告について」